ここから本文です

首位ドルトムント、3点差追いつかれ…まさかのドロー。18歳FWは全得点に絡む活躍

2/10(日) 1:31配信

フットボールチャンネル

【ドルトムント 3-3 ホッフェンハイム ブンデスリーガ第21節】

 現地時間9日にブンデスリーガ第21節の試合が行われ、首位ドルトムントはホームに8位ホッフェンハイムを迎えて対戦した。

【写真】ドルトムントからもランクイン! プレイヤー能力値ランキング

 試合開始して11分、早いパス回しからホッフェンハイムの守備を崩すと、最後は18歳のジェイドン・サンチョがドリブルでペナルティーエリアに侵入。相手のクリアがサンチョに当たってゴールネットを揺らすも、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の判定によってノーゴールとなる。21分にはマキシミリアン・フィリップが強烈なシュートを放つが、ゴール左に外れて先制点ならず。

 すると32分、ウカシュ・ピシュチェクからダイレクトパスを受けたサンチョが右足を振り抜き、今度は正真正銘のゴールを決めた。43分には、ドリブルで仕掛けたサンチョが相手の守備を崩してシュート。ホッフェンハイムのGKオリヴァー・バウマンに止められるも、こぼれ球をマリオ・ゲッツェが押し込んでドルトムントに追加点が入る。

 67分には、サンチョとゲッツェのパス交換から、ゴール前に折り返したボールにラファエル・ゲレイロが合わせてチーム3点目が入った。75分にホッフェンハイムのイシャク・ベルフォディルに1点を返されると、83分にはパヴェル・カデラベクにヘディングシュートを決められ1点差に。

 そして87分、フリーキックからベルフォディルが得点し、ホッフェンハイムが土壇場で同点に追いついた。結局、3点差を追いつかれたドルトムントは、ホッフェンハイムと3-3の引き分けに終わっている。

【得点者】
32分 1-0 サンチョ(ドルトムント)
43分 2-0 ゲッツェ(ドルトムント)
67分 3-0 ゲレイロ(ドルトムント)
75分 3-1 ベルフォディル(ホッフェンハイム)
83分 3-2 カデラベク(ホッフェンハイム)
87分 3-3 ベルフォディル(ホッフェンハイム)

フットボールチャンネル編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事