ここから本文です

小室母子の「秋篠宮ご一家分断工作」 釈明文書をご存じだった眞子さま、両親に伝えず

2/10(日) 8:00配信

デイリー新潮

「紀子さま」が「小室圭さん」釈明文書にきつすぎるお言葉(2/2)

 秋篠宮家の長女・眞子さま(27)との結婚に関する行事が「2年延期」された小室圭さん(27)が公表した“釈明文書”。秋篠宮家の事情に通じるさる関係者は「『今さら何でしょうか』『内容も、よく意味がわかりません』と憮然となさっていました」と、紀子妃の反応を伝える。皇室の“結論”はすでに決まったかに映るが、眞子さまと秋篠宮夫妻の間に“断絶”が横たわるゆえ、見通しは不透明なのだ。

 ***

 小室さんの代理人となった上芝直史弁護士は、

「眞子さまにはあらかじめ、文書の存在や内容、そして公表の方法についてはお伝えしております。秋篠宮さまが『今でも二人が結婚したいのなら』と発言されたことが文書作成のきっかけなので、事前にお伝えすべきだと考えたからです」

 としつつも、

「秋篠宮さまに事前にお伝えしたかどうかについては、プロセスのお話になるのでお答えできません」

 そう言を左右にする。もっとも、前出のご一家の事情に通じる関係者は、

「宮内庁職員はもちろん、秋篠宮ご夫妻、そして両陛下もまた、この文書の存在は報道でお知りになりました。つまりは皇室で唯一、眞子さまだけが事前にご存じだったことになる。にもかかわらず、眞子さまはご両親にその旨をお伝えにはならなかったのです」

話し合われない「小室問題」

 ここに今なお、大きな親子の“断絶”が横たわっているというのだ。

「金銭トラブルが表面化し、ご結婚行事が延期されたことで、ご夫妻と眞子さまとの間では亀裂が深まっていきました。昨年8月の留学前、小室さんが秋篠宮邸を訪れ、眞子さまと食事をした際にも、前日から悠仁さまと槍ヶ岳に登られていた妃殿下はともかく、殿下はご在宅だったにもかかわらず、一緒の食卓につこうとはなさらなかった。現在でも宮邸の中では、日常生活やご公務に関するお話こそなさるものの、ご夫妻と眞子さまとの間で『小室問題』が話し合われる場面はありません。そんな状況にあって、お姉さまの唯一無二の理解者であられる佳子さまもまた“橋渡し役”を上手にこなせずにいらっしゃるのです」(同)

“婚約内定者”が世間に声明を出したというのに、その件について事前に明かされないばかりか、話題にすら上らないご家庭。深刻さは増すばかりなのだが、

「妃殿下は、むやみに眞子さまにお声掛けはできない状況であると重々お分かりです。眞子さまもまた、ご自身と小室さんが皇室内でどのように見られているのか、よくご理解なさっている。それでも、お気持ちは今も小室家側に傾いたままなのです」(同)

 これはまさしく、小室母子による「ご一家分断工作」ではないか。“眞子さまのお気持ちを掴んでいる限りは何とかなる”との小室さんの胸中が見て取れるのだ。

1/2ページ

最終更新:2/10(日) 8:00
デイリー新潮

記事提供社からのご案内(外部サイト)

デイリー新潮

新潮社

「週刊新潮」毎週木曜日発売

「デイリー新潮」は総合週刊誌「週刊新潮」が発信する最新の話題に加え、専任取材班による綿密な取材に裏打ちされた記事を配信するニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事