ここから本文です

月9『トレース』、まさかの『科捜研の女』が好調後押し?

2/11(月) 7:00配信

NEWS ポストセブン

 錦戸亮主演の月9ドラマ『トレース~科捜研の男~』(フジテレビ系)が好調だ。当初は老舗ドラマ『科捜研の女』(テレビ朝日系)に寄せたサブタイトルに批判的な声もあったが、いざ放送が始まってみると、視聴率は順調そのもの。その背景には思わぬ理由もあったようだ。コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが解説する。

【写真】沢口靖子が美背中を大胆に見せた

 * * *
『トレース~科捜研の男~』の視聴率は1話から順に12.3%、11.8%、9.6%、11.0%、10.0%。唯一1桁の9.6%に留まった3話は、同時間帯に放送されていた「サッカーAFCアジアカップ2019 日本vsサウジアラビア」(テレビ朝日系)の影響と思われるだけに順調そのものです。

 これで月9ドラマは、昨夏の『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』、昨秋の『SUITS/スーツ』に続く3作連続で2桁視聴率となり、「月9復活」と報じるメディアも少なくありません。しかも『トレース』の平均視聴率10.9%(5話)は、『絶対零度』の同10.6%(10話)、『SUITS/スーツ』の10.8%(11話)を上回っています。

もちろん視聴率がすべてではなく、指標の1つに過ぎませんが、人気シリーズ作の続編である『絶対零度』と、大ヒット海外ドラマをリメイクした『SUITS/スーツ』を超えている以上、ここまでは成功と言えるのではないでしょうか。

 成功の陰には、「『トレース』は“持っている”」と思わせる幸運があったのです。

◆本家『科捜研の女』がまさかの放送なし

好調の理由に関連しているのは、『科捜研の女』(テレビ朝日系)。1999年のスタートから昨秋まで18シリーズまで放送され、最初の1・2シリーズ以外すべて2桁視聴率を記録し続けている、連ドラ最高峰の作品です。

 そこで気になるのは、『トレース~科捜研の男~』という今作のサブタイトル。原作漫画は、『トレース 科捜研法医研究員の追想』というタイトルであり、明らかに『科捜研の女』を意識した上で「科捜研の」というフレーズを“トレース”したことがわかります。

1/3ページ

あなたにおすすめの記事