ここから本文です

米国でもブームのこんまり 片づけ番組の何が面白いのか

2/11(月) 16:00配信

NEWS ポストセブン

 数年前、日本で片づけブームの一翼をになっていた近藤麻理恵こと、こんまりが、リアリティ番組『KonMari~人生がときめく片づけの魔法』(Netflix)によってアメリカで大ブームとなっている。イラストレーターでコラムニストのヨシムラヒロム氏が、一般家庭を訪れて片づけを伝授するだけの番組が、なぜ面白いリアリティ番組となったのかについて考えた。

 * * *
 ご存知の通り、“片づけコンサルタント”近藤麻理恵が大人気だ。ネットを開けば、どこもかしこも“こんまり”の記事。Netflixオリジナルコンテンツ『KonMari~人生がときめく片づけの魔法~』から発端した“こんまり”ブームの勢いは凄まじく。

 そして今、ブームに便乗したい!とこの文章を書いている。ただ、読む前に皆様に伝えたいことが一点。僕は“こんまり”についてそんな詳しくない。

 番組を観る前に持っていた知識といえば、“こんまり”が2010年に上梓した『人生がときめく片づけの魔法』でベストセラー作家となったことぐらいか。“こんまり”の本を扱うサンマーク出版は、山手線の車内に広告を出すことが有名で。当時、紙面に踊る「50万部突破」の文字面を見て「売れてるんだぁ、いいなぁ~」と感想を抱いた。

 その後、“こんまり”はテレビの情報番組でも活躍したらしい。wikiによれば、仲間由紀恵主演で『人生がときめく片づけの魔法』はドラマ化も。もちろん、そんなことはついさっきまで知らなかったわけだが。

 個人的にメディアに登場する片づけの達人が苦手だ。自身がプロデュースした〇〇棒なるアイテムを使い、部屋の隅を擦る。「こんなものいらないじゃない!」とモノを処分していく。プラスチックの箱にダンボールで仕切りを作り、小物を収める。最後、確かにキレイにはなった部屋で「やたったね!」とドヤ顔。テレビの映し方もあるが独善的な姿が気に食わない、細かいことにこだわる態度もセコい。見てて、なんだかナーバスな気分になる。

1/3ページ

最終更新:2/20(水) 16:34
NEWS ポストセブン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事