ここから本文です

貯まるようになった人が「変えたこと」とは?

2/11(月) 7:52配信

サンキュ!

やりくりが下手な人でも”あること”を心がけるだけで、貯まる家計に大変身!何を変えたら効果があったのでしょうか。元赤字家計の方々に、改善ポイントを教えてもらいました。

松岡亜子さん〈仮名〉が変えたこと

<プロフィール>
『サンキュ!』読者。夫、長女(10歳)、長男(6歳)の4人家族。正社員のころは、家計を振り返る余裕がなく、使い放題。パートに転職したのを機に家計を改善しました。

●Money Data
世帯月収(手取り) 約31万円
世帯年収(手取り) 約420万円
月貯蓄額 6万8000円
年貯蓄額 81万6000円
総貯蓄額 ヒミツ

■高すぎる保険料にメスを入れた
火災保険(建物、家財、地震)だけで年28万円も払っていたことが判明。ネットで安い保険を探して乗り換えたところ、保険料が年10万円に。18万円も削減でき、その分貯蓄に回せるように!


■定番食材を必要量だけ買うようにした
正社員時代は在庫も把握できず、目についた物を買っては使い切れない状況。今は1日の予算を決めて、定番で使い回しのきく食材だけを購入することでムダが激減。月2万円以上減らせました。

■「今使う物」以外は、むやみに買うのをやめた
「ないと困る」「あったら使うかも」という思いからちょこちょこ買っていた日用品。きちんと在庫を確認し、月に1回まとめ買いをするというルールにしたら、赤字がなくなりました。

■「捨てる物リスト」をつけた
欲しい物の隣に捨てる予定の物も記入。書き出すと、「飽きた」「暮らしに合わない」など、不要な理由に気づけるように。その結果、慎重に物を選ぶようになって、ムダ買いを減らすことに成功。

★その結果……月約7万円貯まるようになった!
家計を改善するため、まず現状の出費を1つずつ洗い出すことからスタート。保険料、食費を大幅に減らせたことが自信になり、次々とムダを削減。年収が134万円も減ったのに、貯蓄は前より殖えました。

1/2ページ

最終更新:2/11(月) 7:52
サンキュ!

記事提供社からのご案内(外部サイト)

サンキュ!

株式会社ベネッセコーポレーション

毎月2日発売

毎日の生活を豊かにHAPPYにする情報誌
【別冊マンガ】ゆる糖質オフで食べて痩せる

あなたにおすすめの記事