ここから本文です

ロコ・ソラーレだけじゃない。カーリング女王をかけた戦いは激アツだ

2/11(月) 7:02配信

webスポルティーバ

 北海道札幌市のどうぎんカーリングスタジアムで第36回 全農 日本カーリング選手権(2月11日~17日)が開催される。

【写真】「そだねー」が流行語大賞に

 女子の優勝候補筆頭は、昨年の平昌五輪で銅メダルを獲得したロコ・ソラーレだろう。

 長い五輪シーズンを終えて、今季は夏の終わりから本格的に氷上に乗る、ゆったりとしたシーズンインだったが、9月に新設されたW杯のファーストレグ(中国・蘇州)で今季初戦を戦うと、カナダへ飛んでグランドスラム(※ワールドツアーの中でもグレードが高い7大会の総称)を含むワールドツアー4大会に参加した。

 その後、11月には韓国・江陵で開催されたパシフィック・アジア選手権(PACC)に日本代表として出場。準優勝という結果を残して、今回の日本選手権優勝チームが得る世界選手権(3月16日~24日/デンマーク)出場の切符をきっちりモノにした。

 12月に入ると、再び太平洋を渡ってアメリカ・オマハで行なわれたW杯セカンドレグに出場し、見事に優勝。さらに、続くグランドスラム2大会では、世界のトップチームを相手にいずれも5位入賞を果たすなど、世界レベルで互角以上の戦いを見せてきた。

 今季、チームが掲げるスローガンは「トップトップ」だ。五輪でのメダル獲得や、グランドスラムでのクオリファイ(決勝トーナメント進出)など、トップチームのひとつとして結果を残し、自信もつけた。今後も目指すは、常に”世界の頂点”となる。

 正しくは「Top of the top」なのだが、「言いやすさと響き優先で、いつの間にか『トップトップ』になっていた」(鈴木夕湖)というのは、いかにも彼女たちらしいエピソードだ。そして、その”トップトップ”への階段を上がっている実感はあるか? と吉田知那美に問うと、彼女は「Yes,We do!」と言い切った。

 また、スキップの藤澤五月は日本選手権への仕上がりを問われると、「『準備万端です』と言って迎えられる全日本なんて、これまで1度もありませんでした。一つひとつ勝つだけです」と応じたが、そのリラックスした表情からは、精神面でのゆとりと世界トップチームの矜持のようなものがうかがえた。

 グランドスラムやPACC、W杯など海外の大会に出ずっぱりで、国内で試合をする機会がなかったことを不安視する声もあるが、それらの合間を縫って年末には札幌で1週間の強化合宿を敢行。男子チームのコンサドーレと練習試合を行なうなど、本番に向けて対策を練っていた。

 今大会に向けても、1週間前に札幌入り。アイスの感触をしっかりと確かめている。大きな問題は見当たらないロコ・ソラーレが、”トップトップ”を遂げるためのデンマークの地を目指し、3年ぶりの戴冠を狙う。

 そのロコ・ソラーレに迫るのは、ロコ・ソラーレ同様、ワールドツアーで充実した成績を残している北海道銀行フォルティウスだ。

 今季初め、チーム創設以来7年にわたって司令塔を務め、2014年ソチ五輪出場など輝かしい実績を残してきた小笠原歩が選手としての第一線から退いた。そのため、布陣も体制も一新されたが、日本選手権開幕前のワールドツアーランキングは11位と、ロコ・ソラーレの8位にも引けを取らない成績を残している。

1/2ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

スポルティーバ
4月4日(木)発売

定価 本体1,800円+税

フィギュア特集『羽生結弦は超えていく』
■羽生結弦 世界選手権レポート
■羽生結弦 グランプリシリーズプレーバック
■宇野昌磨、髙橋大輔、紀平梨花、坂本花織ほか

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事