ここから本文です

スナックバーから多文化トイレまで、空の旅をもっと快適にする新アイデアが続々

2/11(月) 14:12配信

WIRED.jp

もしかすると、空の旅において最も驚異的なのは、物理学や航空技術によって金属の塊が飛行していることではない。空を飛ぶことが安全で、すっかりありふれたものになっていることかもしれない。

【記事の全画像】空の旅をもっと快適にする新アイデア

すし詰め状態の座席に座るエコノミークラスの利用者は、フライトの素晴らしさなど感じようともしなくなっている。ノイズキャンセリングイヤフォンを耳に突っ込み、スマートフォンの画面を眺めながら、小瓶に入ったジンをあおって気を紛らわすほうを選ぶだろう。

しかし、希望は残っている。航空インテリア界のアカデミー賞とされる「クリスタル・キャビン賞」の今年の候補リストで、あることが明らかになった。ファーストクラスを豪勢な空間にしているイノヴェイションの一部が、エコノミークラスにやってくるというのだ。

それがどれになるかは、100の候補から受賞者を決める選考委員の判断にかかっている。受賞者は4月にドイツのハンブルクで開催される「エアクラフト・インテリア・エキスポ 2019」で発表される予定だ。気が早いかもしれないが、いまから目を通しておいても損はないだろう。

デッドスペースを有効活用

ひとつ明らかな傾向がある。航空会社はいまなお効率重視で、1便にひとりでも多くの乗客を乗せようと腐心している。しかし、座席の間隔はもうこれ以上は詰めようがないところまで来てしまったのである。そこで、いま機内の別の場所に関心が向けられている。

大手航空機器メーカーのコリンズ・エアロスペースは、通路が2本ある幅広タイプの旅客機について、非常口正面の2.5メートルほどの空きスペースを有効活用できないか考えている。現在、多くの場合このスペースには補助席が置かれ、乗務員が離着陸時に着席したり、乗客がトイレを待ったりする際に使われている。この空間を活用するために考案されたのが「M-Flex Duet」だ。

M-Flex Duetは非常口の両脇に設置するプラスチック製の棚のような製品である。飛行機の地上走行や離着陸の際には、棚の部分を内側にたたみ、ふたつのモノリスのような外見になる。フライト中は開いて非常口を覆うような形で棚になり、セルフサーヴィスのスナックバーとなる。乗客が追加アメニティーとして利用できるようにすることで、航空会社の利益を底上げし、客室乗務員の販売業務の負担も軽減してくれる。

ドイツのクルーガー・アヴィエーション(Krueger Aviation)も、デッドスペースを有効活用するべく動いている。同社が目を付けたのはトイレだ。

「Future Lavatory」が占める面積は従来のトイレとまったく同じだが、便座を正面ではなく斜め向きに設置した。これによって使用できる空間が増え、赤ちゃんのオムツを替えることもできるようになったのだ。

さらにシンクの角度も水がズボンに跳ねにくいように調整されている。また、便座の両脇には足置きが設置されている。用を足すときは、西洋式に腰かけることもできれば、アジア式にまたがることもできる。クルーガーではこの製品を世界初の“多文化式トイレ”と称している。

1/2ページ

最終更新:2/11(月) 14:12
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.32』

コンデナスト・ジャパン

2019年3月14日発売

1,200円(税込み)

『WIRED』日本版VOL.32「DIGITAL WELL-BEING」特集|デジタル時代のウェルビーイングの可能性を問う一冊

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事