ここから本文です

Rami Malekは、ビッグパーティードレッシングをする方法を知っています

2/11(月) 22:11配信

エスクァイア

 2019年1月20日(日)に、ダンヒル(dunhill)は2019秋冬メンズ・パリファッションウィークでランウェイショーを開催しました。そこでは英国ファッション文化の二面性をテーマに、日本からのインスピレーションを多く取り入れながら、真の「洗練さ」を表現したコレクションを発表しました。

 そんな中、ステージ上を歩く最新コレクションを着こなす一流モデルたちよりも視線を浴びていたのが、フロントロウに着席していた俳優ラミ・マレックでした。もはや誰もが知っている俳優となった彼。2019年2月24日(現地時間)に開催される第91回アカデミー賞では、その主演作『ボヘミアン・ラプソディ』で主演男優賞にもノミネートされています。この作品はそのほか、作品賞と編集賞、音響編集賞、録音賞にもノミネートされているヒット作です。

 再びアカデミー賞授賞式のころには、ラミ・マレックはどのようなスタイリングでスピーチをするか期待しながら、ダンヒルの会場でのスタイルを振り返ってみましょう。

 ロック神の降臨はいまだ続いているようです。このショーのフロントロウにふさわしい、二面性のあるスタイリングです。圧倒されるパターンを配したジャケット&シャツですが、そこには限定されたカラーリングによって大人の佇まいが具現化されていました。さらに、仕立ての良さも加わって、実に自然体に(ちょっと派手な)紳士にしか見えません…。

 それはシーンを選ばず、目立ちながらも紳士でいられる究極のスタイルを見せつけてくれたのです。このテクニックは、われわらも(ほんの少しの勇気を見出せば)実践することは可能ではないでしょうか。

 さあ、2019年2月24日(現地時間)のアカデミー賞授賞式が楽しみでたまりませんね。ラミはどんなスタイリングで登場するでしょうか!? そして、スピーチはいかに? 『ボヘミアン・ラプソディ』の演技に魅了された皆さん、ぜひとも期待して待ちましょう。

最終更新:2/11(月) 22:11
エスクァイア

記事提供社からのご案内(外部サイト)

エスクァイア

ハースト婦人画報社

1933年にアメリカで誕生した
ハイエンド・ファッション雑誌です
ファッションやライフスタイルにとどまらず
アート、カルチャー情報などを届けます

あなたにおすすめの記事