ここから本文です

メイウェザーが仰天プラン 愛弟子VS那須川の計画明言「テンシンという男と4月に…」

2/11(月) 9:15配信

THE ANSWER

自身がプロモートするデービスが那須川とエキシビションマッチで激突か

 WBA世界スーパーフェザー級タイトルマッチが9日(日本時間10日)に米カールソンで行われ、王者ガーボンタ・デービス(米国)が同9位のウーゴ・ルイス(メキシコ)を初回TKOで下した。初防衛の世界王者のプロモーターを務めているのは公式戦50戦全勝のレジェンド、フロイド・メイウェザー(米国)。敏腕で鳴らす「Money(金の亡者)」は愛弟子の次戦について、大晦日に自身が下した総合格闘家、那須川天心が相手と衝撃発言している。米ボクシング専門メディア「ボクシングシーン.com」が報じている。

【画像】この左がメイウェザーを本気にさせた!? 那須川が公開した左ブローの実際の瞬間

 大晦日、日本のリングで圧倒的な強さを見せつけたメイウェザー。エキシビジョンマッチでキックボクシング界の神童、那須川を子供扱いし、10億円とも言われるファイトマネーをゲットしたばかりだが。今度はプロモーターとして那須川にロックオンした。元2階級制覇王者ルイスを初回に倒した愛弟子デービスの試合後、驚きのプランを明かした。

「彼(デービス)が問題なければ、我々は(次戦で)5月で交渉している。日本のテンシンという男と4月、RIZINでエキシビジョンマッチを行うことになる」

記事によると、メイウェザーはこう語ったという。今度は4月にRIZINの舞台に愛弟子が立つ計画を進めているというのだ。天心戦の翌月には再びタイトルマッチを予定している。「彼はアクティブな状態でいてもらう。まずは4月にテンシン。そして、5月には真剣勝負だ」ともメイウェザーは語ったという。

 プロモーターとしても辣腕を誇るメイウェザー。現役世界王者とキックボクシングの神童のドリームマッチは実現するのか。

THE ANSWER編集部

最終更新:2/11(月) 12:43
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事