ここから本文です

シント=トロイデンFW木下、決勝ヒール弾を現地紙が称賛 「金の価値があると判明」

2/11(月) 8:30配信

Football ZONE web

ベベレン戦の後半40分に登場すると、デビュー3分後に左足ヒールで決勝点をマーク

 ベルギー1部シント=トロイデンは現地時間9日、リーグ第25節でワースラント=ベベレンに2-1で勝利した。今冬に加入した24歳の190センチFW木下康介が、試合終了間際に移籍後初得点となる決勝ゴールをマーク。地元メディアも「金の価値があることが判明した」と伝えている。

【動画】「金の価値があると判明した」と地元紙称賛 シント=トロイデンFW木下がベベレン戦でベルギーデビュー&決勝ヒール弾

 前半18分にホームのシント=トロイデンがVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)判定の末にPKで先制すると、その4分後にはベベレンがPKで追いつく。その後は互いに決定打を欠くなか、木下は後半40分に途中出場でベルギー初出場を果たした。

 1-1のまま迎えた後半43分、木下がクロスを競ったルーズボールを右足でヒールシュートを放つも、相手選手がブロック。しかし、こぼれ球が木下の左足かかとに当たり、そのままゴールに吸い込まれた。ラッキーな形とはなったが、ピッチに登場してわずか3分、ベルギーデビュー戦で木下が決勝ゴールの大仕事をやってのけた。

 今年1月、日本代表DF冨安健洋、MF遠藤航、MF鎌田大地、MF関根貴大、DF小池裕太に次ぐ、“6人目の日本人選手”としてシント=トロイデンに加入した木下。試合後、クラブを通じ、「何よりどんな形であれ点を取る、それが僕の強み」と胸を張ったが、地元メディアも突如舞い降りたヒーローに注目している。

 ベルギー紙「メトロ」は「交代選手のキノシタがSTVVに値千金の3ポイントをもたらす」と見出しを打ち、「キノシタに金の価値があると判明した」と驚きをもって報じている。

 まだ1ゴール、5分間をプレーしたに過ぎないが、長身ストライカーの可能性に海外メディアも興味を持ったようだ。

Football ZONE web編集部

最終更新:2/11(月) 10:08
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

あなたにおすすめの記事