ここから本文です

米大学でプレーするテーブス海。「NBAが自分の視野に入ってきた」

2/11(月) 9:01配信

Number Web

 去年9月、日本代表の活動を終え、チームメイトより少し遅れて新天地ノースカロライナ大ウィルミントン校(UNCW)に到着したテーブス海を迎えたのは、文字通り“嵐”だった。

 ウィルミントンは9月半ばにハリケーン・フローレンスに襲われ、UNCWでも全校に避難命令が出されたのだ。

 テーブスはウィルミントンから250kmほど北にあるノースカロライナ州ダーラムの友人の家に避難した。当初は1週間ほどで戻れる予定だったが、ハリケーンによる洪水の被害が大きかったため、避難生活はさらに1週間伸び、その間、チームとしての練習をすることもできなかった。

 2週間たってもUNCWのコートが使えなかったため、チャペルヒルにあるノースカロライナ大のコートを借りて練習を再開。UNCWのヘッドコーチ、CB・マクグラスがかつてノースカロライナ大のアシスタントコーチだった縁のおかげだった。10月上旬にウィルミントンに戻ったときには、シーズン開幕がすぐ目の前に迫っていた。

 ほかのチームに比べて2週間出遅れてしまったわけだ。

 テーブスの場合は夏の練習に参加できなかったこともあって、この遅れは特に大きかった。波乱万丈の大学キャリアのスタートだった。

「プレーするよりも考えすぎてしまって」

 「ここに来て避難しなくてはいけないなんて、まったく予想していなかったです」とテーブス。

 「僕にとってはこれも、乗り越えなくてはいけないひとつのハードル。運が悪いのかどうかはわからないけれど、いつも何か乗り越えなくてはいけないことが出てくるんです。

 ただ、僕はそのおかげで成長してこられたと思ってもいます。いつでも練習しなくてはいけないこと、乗り越えなくてはいけないことがあったおかげで、満足することはなかったので」

 出遅れて時間が足りないなか、テーブスをチームのスターティング・ポイントガードに起用したいと考えていたコーチ陣は、テーブスにできる限りのことを教え込もうとしていた。

 チームのシステムを理解し、チームメイトを知り、さらに高校より一段高いレベルにも慣れなくてはいけなかった。

 「最初のうちは、一度に色々と教えられて圧倒されてしまってました。プレーするよりも考えすぎてしまって、最初のころの練習ではあまりいいプレーができていなかったと思います。それでも、このときに多くを学んだことは、僕にとってプラスになりました。

 おかげで成長できたし、今の僕は、去年夏のジョーンズカップのときと比べても、まったく違う選手だと言えます」

1/5ページ

最終更新:2/11(月) 11:36
Number Web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sports Graphic Number

文藝春秋

972号
2月14日発売

定価590円(税込)

栃錦から稀勢の里まで、日本人が愛した名横綱大集合!

稀勢の里「涙と歓喜の人生を語る」
貴乃花「相撲の神が降りてきた」

あなたにおすすめの記事