ここから本文です

ポドルスキがヴィッセルで持つ野心。「イニエスタも同じような考えを」

2/11(月) 11:31配信

Number Web

神戸にはもう一人、勝者のメンタリティを備えた者がいる。
日本文化を堪能しながらも、世界とのギャップを鋭く指摘。
かつて世界一も経験した加入2年目のキャプテンが、
「アジアナンバーワン」実現に向けたビジョンを語る。
Number960号(2018年8月30日発売)の特集を全文掲載します! 

【動画】イニエスタ&ポルディの超絶ゴール集。

 好奇心旺盛で、時間ができれば、方々へ足を延ばす。近場だと六甲山、大阪、奈良、京都を訪れ、少し遠方だと東京が気に入った。ルーカス・ポドルスキの通訳を務めるために、14年ぶりに日本に戻った村上範和は、同行する先々で突っ込まれる。「ノリカズは日本人なのに、日本のことを何にも知らないじゃないか(笑)」と。

 プロ野球は甲子園球場でも観戦し、阪神タイガースの糸井嘉男からサイン入りのバットを贈られた。小学生の息子とはテニスやバスケットボールを一緒に楽しみもする。それでも溢れ出すのはフットボールへの深い愛。プロサッカー選手としての強い誇り。

 「世界ナンバーワンのスポーツはサッカーだ。ヨーロッパの多くの人たちは、日本も同じだと思っている。でも、実際は同じじゃない。ベースボールとの人気の差は、まだかなり大きいだろう。その差を少しずつ埋めていかなければならない」

三木谷会長と継続的に議論。

 スポーツ紙の1面が、なぜサッカーではないのか。村上に違和感を訴えてくるポドルスキの顔は悔しそうにも、悲しそうにも映る。プロ野球との差を、あるいはヨーロッパとの差を埋めていくためには、何が必要なのか。

 ヴィッセル神戸の代表取締役会長、三木谷浩史が目標に掲げる「アジアナンバーワンの、ヨーロッパでも通用するクラブ」へ、着実に前進していくためには? 

 「時間はかかる。今日始めて、明日チャンピオンになれるわけじゃない。でも、ヴィッセル神戸は、僕が来日してからの1年ですでに大きな変化を生み出している。スタジアム、トレーニング施設、クラブハウスと、いろんなところに少しずつ手を加えてきたからだ。僕ら選手も同じ。大きな変化のためには、小さなことからコツコツ積み上げていくしかない」

 三木谷会長との議論も、それこそ継続的に重ねてきたと言う。

 「今から1年半ほど前に、このプロジェクトの話を聞かされ、オファーをもらった時からだ。来日する前も、来日してからも」

1/4ページ

最終更新:2/12(火) 13:51
Number Web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sports Graphic Number

文藝春秋

972号
2月14日発売

定価590円(税込)

栃錦から稀勢の里まで、日本人が愛した名横綱大集合!

稀勢の里「涙と歓喜の人生を語る」
貴乃花「相撲の神が降りてきた」

あなたにおすすめの記事