ここから本文です

走り高跳びで13年ぶり日本新記録。実業団を断り海外で育った戸邉直人。

2/11(月) 10:01配信

Number Web

 素晴らしい記録のニュースが海外から飛び込んできた。

 2月2日、ドイツ・カールスルーエで行われた陸上の室内競技会で、男子走り高跳びの戸邉直人が2m35の日本新記録で優勝したのである。これまでの記録は、2006年の日本選手権で醍醐直幸がマークした2m33。実に13年ぶりに塗り替えられることとなった。

 また室内日本記録も醍醐が2006年に樹立した2m28だったが、こちらも同じく13年ぶりの更新だ。

 この記録が示したのは、戸邉の五輪でのメダル獲得が現実味を帯びてきたという事実だ。2016年のリオデジャネイロ五輪の結果に照らし合わせてみると銅メダルに相当し、昨年の世界ランキングでも5位にあたる。

 走り高跳びは体格(身長)による面が大きいのか、日本選手があまり実績を残せずにきた種目だ。オリンピックの成績を例にとっても、戦後の大会の入賞者は男子がゼロ、女子も1992年バルセロナ大会の佐藤恵(7位)のみ。そういう点を考えても、価値の大きな日本記録だと言える。

大学時代から単身海外に渡る。

 「ここまで跳べるとは思っていなかった」

 試合を終えて、戸邉はこうコメントした。シーズン初戦であり、現状を確かめるテストの意味合いもあった場だろう。だからここまでの記録が出たことに驚きがあっても自然なのかもしれない。しかし、戸邉が独自の道を歩みながら、競技に打ち込んできた蓄積の賜物だと言うこともできる。

 戸邉は高校3年生のとき、インターハイと国体で優勝した。高校記録も20年ぶりに更新して注目を集め、その後筑波大学に進学する。ここで戸邉は練習の場を大学の域に留めなかった。3年生になったとき、短期間ではあったが単身スウェーデンに渡り、後にエストニアでも練習を積んだ。

実業団からの勧誘を断ってヨーロッパへ。

 こうした決断の背景には、決められた練習メニューをこなすのではなく、選手自身が考えて競技に取り組む筑波大の環境があった。試行錯誤を繰り返す中で、やがてヨーロッパのトレーニング方法を学びたいという思いに駆られ、実行したのである。

 その意志を、大学卒業後も貫いた。大学2年生のとき、日本選手権で初優勝を遂げると、4年時には2m28と自己ベストを更新。2m30台間近に迫った戸邉には当然、実業団からの勧誘があった。しかしそれを断ったのは、ヨーロッパを活動拠点とすることに重きを置くためだった。そして最高峰の大会であるダイヤモンドリーグに参戦するなどしながら、強化に取り組んだ。

 そして、2014年には2m31を跳ぶなど何度も2m30台をマーク。たしかな地力の向上を見せ、2015年には世界選手権に出場した。

 2016年のリオデジャネイロ五輪などでも活躍が期待されたが、怪我の影響などで記録は伸び悩んだ。

 しかし昨年には、日本歴代2位となる2m32をマークして復活。そして今回の日本新記録となったのである。

1/2ページ

最終更新:2/12(火) 16:05
Number Web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sports Graphic Number

文藝春秋

972号
2月14日発売

定価590円(税込)

栃錦から稀勢の里まで、日本人が愛した名横綱大集合!

稀勢の里「涙と歓喜の人生を語る」
貴乃花「相撲の神が降りてきた」

あなたにおすすめの記事