ここから本文です

闘病中も池江璃花子選手は日大入学「早く治して二郎さんと練習したい」水連会見【全文】〈dot.〉

2/12(火) 19:34配信

AERA dot.

 競泳女子日本代表で東京オリンピックの金メダル候補の池江璃花子選手(18)が12日、ツイッターで白血病であることを公表した。同日には、日本水泳連盟ら関係者が都内で記者会見を開催。日本水泳連盟の青木剛会長、上野広治副会長兼強化部長、三木二郎コーチ、池江選手の所属先である吉田正昭ルネサンス代表取締役の4人が出席した。

【写真】池江選手とのやり取りを明かした三木二郎コーチ

 池江自身も今後は闘病に専念するため、<(4月の)日本選手権の出場を断念せざるを得ません>と発表している。一方、<1日でも早く、また、さらに強くなった池江璃花子の姿を見せられるよう頑張っていきたい>と語っている。

* * *

※記者会見の全文は以下のとおり(前編から続く)

──合宿以前に体調不良を感じたことはありましたか。

三木:オーストラリア出発前の大会で、良い記録ではなかった。その時は公私ともに疲れていた状況はみえていたので、その疲れがとれれば調子は上がっているのではと二人で感じていました。特にオーストラリアは夏なので、体も動く中で問題ないのではと話していました。

──池江選手はいつから三木コーチに相談を。

三木:オーストラリアのトレーニングで調子が上がってこない状況があり、そこで二人で話し合って、泳ぎも崩れていたので、今後少しでもどうやって良くするかということは話していました。食事の面も、気をつかって体調を整えることをしていました。

──本人が体調が悪くなることがよくありましたか。

三木:心拍数をあげるトレーニング、ウエートトレーニングで体調の変化を見せたということです。

──三木コーチと池江選手でどのような話をしているのでしょうか。

三木:白血病という病気に立ち向かって必ず勝つんだという気持ちを見せていますし、我々もサポートしていきたいという気持ちです。

──上野副会長は病院に帯同したとのことですが、結果が出た直後の池江選手の表情は。

上野:現地で血液検査をして、金曜日の朝に羽田に到着しまして、その日のうちに判断できたので、夜に本人、ご父兄にお話をしました。病名については衝撃的だったと思います。ただ、その説明を聞くまでは病名の中身もわからないという現状でスタートします。それから3日たちましたが、昨日も、今日も、本人は通常と大きく変化しているということは感じられず、我々と普段通りに接してくれている。そこが、さきほどお話をしたように、我々大人が頭が下がるという状況を感じています。

1/5ページ

最終更新:2/13(水) 11:22
AERA dot.

記事提供社からのご案内(外部サイト)

AERA dot.

朝日新聞出版

「AERA」毎週月曜発売
「週刊朝日」毎週火曜発売

「AERA dot.」ではAERA、週刊朝日、
医療チーム、アサヒカメラ、大学ランキング
などの独自記事を読むことができます。

あなたにおすすめの記事