ここから本文です

新型RAV4発売日&ヤリス年末! ホンダフリード情報など新型続々発表!

2/12(火) 6:31配信

ベストカーWeb

 毎日新車ディーラーを回って「生」の新型車情報を仕入れて届けてくれる流通ジャーナリストの遠藤徹氏。今回もトヨタ、ホンダ、日産、そしてダイハツのディーラーから、年内に登場する新型車の情報を山ほど仕入れてきてくれた。

 今年中に新型車を買おうと考えている人は、ぜひともこの情報を参考にしてほしい。
文:遠藤徹

■新型RAV4は2L、2.5Lハイブリッド搭載

 首都圏販売店筋によると、新型RAV4の2019年4月10日に発表、発売となる。ランアップは2Lの純ガソリン仕様と2.5Lハイブリッド車となる見込み。また、発売当初は2列シート5人乗り仕様のみになると思われます。

 トランスミッションは、2L車がCVT、2.5Lハイブリッド車は電気式CVT、駆動方式は両パワーユニットとも2WDと4WD方式が設定されます。

 グレードの構成は、2L車がG Zパッケージ、G、アドヴェンチャー、Xで、2.5Lハイブリッド車はG、X。

 ボディカラーは、2L車が8色+2トーンカラーの4色、ハイブリッド車は6色で2トーンカラーはなし。

 2月上旬以降ティザーからキャンペーンが展開され、3月中旬には価格を決めて事前予約の受付が開始されます。販売店は、東京地区は全系列店併売ですが、そのほかの地域は当面カローラ店とネッツ店の併売からスタートします。月販5000台規模を売り、同クラスのトップセラーを目指す構えです。

■ヴィッツ後継車の「ヤリス」は今年末か来年早々に発売

 トヨタはヴィッツの後継モデルである「ヤリス」を今年末か来年早々にも投入する方向でスケジュール調整をしている模様です。

 ヤリスは現行型ヴィッツよりも若干サイズアップして、上級シフトします。搭載するパワーユニットは、従来ベーシックグレードに搭載されていた1Lエンジンが廃止され、1.3Lと1.5Lのガソリンエンジン、それに1.5Lハイブリッドという3つのラインアップとなる可能性が高いです。ハイブリッドの駆動方式はFFのほか4WD車も新たに設定されます。

 先進安全装備「トヨタセーフティセンス」は最新のパッケージを標準装備します。従来、ヴィッツはネッツ店の専売でしたが、ヤリスではトヨタ全系列店扱いとなる可能性があります。

1/3ページ

最終更新:2/12(火) 6:31
ベストカーWeb

あなたにおすすめの記事