ここから本文です

大坂なおみ、バイン氏との“別れ”に海外ファンも悲鳴 「エイプリルフールは4月1日よ」

2/12(火) 20:01配信

THE ANSWER

バイン氏とのコーチ関係解消にファンからも残念がる声が続出

テニス女子シングルス世界ランク1位の大坂なおみ(日清食品)は12日、コーチのサーシャ・バイン氏との契約解消を自身のツイッターで発表した。グランドスラム2大会連続優勝を支えてきた名伯楽とのタッグ解消に、世界のテニスファンは衝撃を隠しきれない様子だ。「ジョークであってほしい」「2人で偉大なチームだったのに」「エイプリルフールじゃないの」などとツイッターでは悲鳴が溢れかえっている。

【画像】こんな集合写真がもう見られない!? バインコーチら“チームなおみ”と…大坂が感謝をつづった実際の投稿

 全豪オープンの栄光からわずか17日。女王になったばかりの大坂は自らのツイッターで衝撃のニュースを明らかにした。

「サーシャとは今後一緒に活動しない。彼の仕事ぶりに感謝しているし、将来の成功を祈っている」

 バイン氏とのコーチ契約の解消を電撃的に発表。そして、2017年末からコーチとしてなおみ旋風の立役者だったバイン氏もこのツイートをリプライ。そして、「ありがとうナオミ。僕も、本当に幸運を祈っている。なんという道のりだったんだろう。僕を加えてくれてありがとう」と師弟関係解消を認めると共に、感謝の気持ちを綴っていた。

「ジョークであってほしい」「何かが起きたに違いない」

バインコーチ就任時には世界ランク68位だった大坂。一気にスターダムに乗り、さらなるメジャータイトルを重ねることも期待された突然の黄金タッグ解消に、世界のテニスファンは大ショックのようで、大坂のツイッターには悲鳴が届いている。

「ワオ、これは全く想定外。2人で最高のチームだったのに」
「NOOOOOOOOOOO !????」
「ジョークであってほしい。これは聞きたくなかった」
「何? なぜ? あなたたちは最高にうまくいってたのに」
「日本の2月11日はドイツの4月1日なのか?」
「信じられない」
「エイプリルフールは4月1日よ。お願いだから(ツイートを)消去して」
「ハッキングされたの???」
「何? どうして? あなたたちは本当に順調だったのに」
「まじか。これはひどいニュースだ」
「何? 何かが起きたに違いない。2人はお互い完璧だったじゃない」
「胸が痛い。でも、成功し続けられると信じています」

 コート上で優しく大坂に語りかけるバインコーチの姿は世界のテニスファンの心に刻まれていた。電撃的な関係解消の波紋は広がり続けている。

THE ANSWER編集部

最終更新:2/12(火) 20:01
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

あなたにおすすめの記事