ここから本文です

ネオ250未来車予想〈スズキ〉新油冷の新ジクサー発表か?!

2/12(火) 5:30配信

WEBヤングマシン

GSX-R250登場の噂はつかめず

未来の新車を大胆に予想(×妄想)することでおなじみの『ヤングマシン』。フルカウルモデルの魅力が増しているネオ250カテゴリーでスズキが打つであろう次の一手は、インドで絶大な人気を誇る「ジクサー」強化版とみた!

【写真をまとめて見る】

’19年春、まずはネイキッドが登場か?

カワサキのニンジャ250に続いて’19 ではヤマハYZF‐R25 もモデルチェンジ。さらにスポーティに魅力を増している250フルカウル市場にあって、巻き返しを心から待ちわびているスズキファンも多いことだろう。

スズキの新250は、もうすぐインドで登場する。とは言っても、他メーカーと同様の水冷2気筒路線とはちょっと異なる。ダウンドラフトのエアクリーナーボックス配置構造や燃料配管構造についての公開特許から見え隠れしていたDOHC並列2気筒と目されるGSX‐R250については、情報が途絶えて現在のところの情報は不明となっている。

【GSX-R250登場の噂はつかめず】『ヤングマシン』2018年7月号で紹介したGSX-R250と目される特許公開は、ダウンドラフトのエアクリーナーボックス配置と燃料配管方法に関するものだった。そこに描かれた図版には上下2本のパイプで構成されるトレリスフレームや、DOHC並列2気筒と思われるエンジン、倒立フォーク、鋭いカウル形状など、かなり具体的な姿が表されていた。しかし、現在ではその後の情報は一切本誌に届いておらず、進行具合は不明。

SUZUKI GSX-R250 [IMAGE CG] 『ヤングマシン』本誌が以前に特許公開図を元に作成したGSX-R250予想CG。トレリスフレームやダウンドラフトエンジンなどガチSS方向だ。

特許公開図はトレリスフレームが大容量エアクリーナーボックスを挟み込み、吸気口もラムエアを見据えた前方に設置。リヤサスもリンク式など胸躍る内容だった。

代わりにこの春にも登場しようというのが、インドで絶大な人気を誇るジクサー150の強化版だ。シングルながら従来ジクサーの空冷ではなく、循環型油冷システムを採用した新しいエンジンを搭載する。まずはネイキッドから登場して次にフルカウル版発表という流れになるはずだ。これまでフルカウル版は車名末尾に「SF」が付けられていたが、’19ではスポーツ性が増して「R」に代えられ、「ジクサー250R」となる可能性もあるだろう。

1/2ページ

最終更新:2/12(火) 5:30
WEBヤングマシン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ヤングマシン

内外出版社

2019年03月号
1月24日発売

定価880円(税込)

マシン・オブ・ザ・イヤー結果発表
新型ハヤブサ&CBR1000RRスクープ
MotoGP18年総括&19年展望
神名車・カワサキZ1R

あなたにおすすめの記事