ここから本文です

NSR500の3/4スケール、NSR50が走行〈映像あり〉

2/12(火) 17:30配信

WEBヤングマシン

ホンダコレクションホール20周年特集#22

NSR500の34スケール、NSR50が走行

2018年7月16日と9月24日、ツインリンクもてぎの南コースでホンダコレクションホール開館20周年記念イベントが開催された。いつもの動態確認テストはレーサーなどが多かったが、今回は20周年記念ということで市販バイク特別走行が実施され、ホンダの黎明期から現在までのエポックメイキングなオートバイが走行を披露した。本稿は、のちにNチビと呼ばれることになるNSR50を紹介する。

【写真をまとめて見る】

WGPレーサー「NSR500」の3/4スケールモデル

1986年にピークを迎えていたスクーターレースの世界に、スズキのGAG(ギャグ)やヤマハのYSR50など、遊び感覚のなかにも本物感をもてるホイール径10インチや12インチのミニバイクが出現し、スクーターレースに代わってミニバイクレースが盛んになる兆しが見え始めた。ホンダは、より本格的なレースを可能とするベースマシンを投入すべく、WGPに参戦の「NSR500」をモチーフとして、他を圧倒する本格スペックを3/4スケールで具現化した。

【HONDA NSR50 1987年】コンパクトなボディサイズながら、高剛性フレームや前・後ディスクブレーキ、フルフェアリング等の本格的装備により、操縦する楽しさを味わえるスポーツバイク。振動を軽減する一軸バランサーを内蔵。■水冷2ストローク単気筒ピストンリードバルブ 49cc 7.2ps/10000rpm 85kg 6段リターン

【復刻インプレ】こりやYSR、問題にならんで

いやぁ~、ええわぁこれ!! 雨の中の試乗やったけど、こりゃYSR、問題にならんで。まず本格的なサスや剛性のあるフレームに前後のディスクが、バッチリとマッチングしとる。この手のバイクやと、ハンドルが切れ込んだりと、その大きさにしたなんらかのリスクをおうんやけど、これにはまったくないでぇ!! 今回はリミッター付やったからストレート中ほどから、エンジンはブリブリいいだしおるけど、それでも42秒70や。こりゃリミッター外したら、YSR80も喰えるかもしれんなぁ。

欲ゆうんなら、対レース用に2~4速をクロスレシオにしてほしいなぁ。それならリミッター付のまんまでも、かなりコーナリングを楽しめるでぇ。NSR500の4分の3スケールやから、あんまりオーバーなアクションをせえへんほうがええ。クイックな操作は敏感に反応するから、スムーズに乗ったほうが速く走れる。ボクのF1と同じ乗り方をすりゃええわけやから、楽しいわぁ。気にいったぁ。水冷やし熱ダレにも強いから、ボク、これで鈴鹿の8時間耐久に出たろうかなぁ……。 ※ヤングマシン1987年8月号より

1/2ページ

最終更新:2/12(火) 17:30
WEBヤングマシン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ヤングマシン

内外出版社

2019年03月号
1月24日発売

定価880円(税込)

マシン・オブ・ザ・イヤー結果発表
新型ハヤブサ&CBR1000RRスクープ
MotoGP18年総括&19年展望
神名車・カワサキZ1R

あなたにおすすめの記事