ここから本文です

BLが人気俳優の登竜門に?関ジャニ大倉忠義も挑戦で話題

2/12(火) 19:51配信

女性自身

2月12日、水城せとな氏のBLコミック『窮鼠はチーズの夢を見る』が実写映画化されると発表された。各メディアによると、主演は関ジャニ∞・大倉忠義(33)。成田凌(25)演じる後輩と、男性同士の恋愛を演じるという。

大倉忠義の暴走ファン 鞄に使用済み下着、妄想ラブレターも

男性同士の恋愛を主軸にした「BL作品」はこれまで“特殊なジャンル”として扱われていた。しかし近ごろでは、芸能界の一線で活躍する俳優が堂々とキャスティングされるようになってきている。

たとえば、昨年放送された『おっさんずラブ』(テレビ東京系)もその1つ。田中圭(34)、林遣都(28)、吉田鋼太郎(60)の三角関係が描かれ、SNSなどを中心に大ヒット。その後もエランドール賞を、プロデューサー賞部門と新人賞部門の両方で受賞している。

また今春には、よしながふみ氏原作のBLコミック『きのう何食べた?』が、西島秀俊(47)と内野聖陽(50)のダブル主演で実写化される予定。もはや男性同士の恋愛という話題性だけでなく、作品としての質の高さも高く評価されるようになってきた。

今作の監督は『GO』で日本アカデミー賞最優秀監督賞を受賞したほか、『世界の中心で愛を叫ぶ』で大ヒットを記録した行定勲氏。行定監督は今作について「新たな恋愛映画への挑戦」と公式サイトで語っている。

男女の恋愛物語のセオリーに則らない分、力量も試される。だがそれだけに、ヒットした際は大きく評価を上げることになる。BL作品は今や、人気俳優やクリエイターの登竜門となっているようだ。

最終更新:2/12(火) 20:06
女性自身

記事提供社からのご案内(外部サイト)

女性自身

光文社

2864号・4月16日発売
毎週火曜日発売

特別定価430円(税込)

渡哲也 石原軍団解散へ。決断の背景…
渡辺えり 熟年女性に増えるひとり終活
米倉涼子「ドクターX」10月続編へ!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事