ここから本文です

会社も冷蔵庫も捨ててみた~50歳、幸せの取り戻し方~

2/12(火) 14:30配信

webマガジン mi-mollet

お金をたくさん得て、物にも食にも満たされた生活を目指してきた20、30代と違い、「このまま同じものを求め続けて、果たして幸せでいられるんだろうか?」と迷い始める読者は多いようだが、“アフロの稲垣さん”として知られる稲垣えみ子さんは、その疑問を大胆な形で実行に移した人だ。50歳にして会社を辞め、ほぼすべての家電を捨て、最小限のもので暮らし始めたことで、「その辺に転がっていたのに見ていなかった」という幸せに気づいたという。今回mi-molletは、その稲垣さんの“魂の退社”から“冷蔵庫を捨てること”、そして最小限のものしか持たない今の生活についてまで、とことん伺った。その模様を、mi-mollet版『情熱大陸』ならぬ『幸せ大陸』として、三部構成でお届け。稲垣さんのお話から、“これからの自分に必要な幸せ”を見つけるヒントを見出してもらえたら幸いです!

稲垣えみ子 1965年生まれ。愛知県出身。一橋大学卒業後、朝日新聞社に入社。大阪本社社会部、週刊朝日編集部などを経て、論説委員、編集委員を務めるも、2016年1月に退職。夫なし、子なし、冷蔵庫なし、仕事もしたりしなかったりのフリーランスな日々を送っている。著書に『魂の退社 会社を辞めるということ。』、『寂しい生活』(ともに東洋経済新報者)、『もうレシピ本はいらない 人生を救う最強の食卓』(マガジンハウス)などがある。

お金さえあれば満足できると思っていた

人生100年と言われる昨今。ちょうどその折り返し地点である50歳にして会社を辞め、冷蔵庫もエアコンもなし、ガスはただ1個のカセットコンロのみという“持たない生活”を始めた稲垣えみ子さん。アフロヘアというインパクトのある外見と、その特異な生活が『情熱大陸』(TBS)で紹介されると、世間は「何だ、この生き様は!?」と共感反感の両方を持って大きく反応した。東日本大震災を機に節電に取り組み始めたという稲垣さん。共感だけでなく反感までもが大きかったのは、節電生活の果てに稲垣さんが捨てたものが、それまで多くの人が幸せの象徴だと信じていたお金やステータスだったからだろう。というのも稲垣さんが辞めたのは、給与も知名度も高い朝日新聞社だったからである。

「私が入社したときはまだバブル時代で会社も好調でしたから、正直、『うまいこといい会社に入れた、一丁上がり!』と思ってました(笑)。というのも、当時は『いい学校』『いい会社』『いい人生』というのが黄金の方程式で、それを全く疑わずにきてましたから。お給料のいい朝日新聞社に受かって『人がうらやむような生活に近づいた』と思ったし、当然定年まで勤めるつもりでいました」

その後稲垣さんは、地方勤務を経て、花形部署の一つである社会部に配属。インタビューや連載など企画モノで独自の存在感を発揮していた。ところが……。

「会社を辞めたのは、決して仕事じたいが嫌になったわけではなくて、けっこう機嫌よくやってました。でも『魂の退社』にも詳しく書いたのですが、40歳前になった頃から、同期の男性記者たちが着々と“キャップ”というポストに上がっていく中で、どうも自分はそういうコースから外されているらしいと。で、それはもしかして差別なんじゃないかと・・。ショックだったのは、そのことに自分が自分でも意外なほど傷ついたこと。当然のことですが、会社には差別なんてないというのが建前だから誰に文句を言うわけにも行かない。気持ちの持って行きようがない。こんな調子でこれから会社で何十年も勤め続けられるのかと、ものすごく不安になりました。でも一方で、会社がくれる高給にどっぷりと浸かっている自分もいたんです。世の中は不況に入っていましたが、新聞社のお給料はまだまだよかったんですね。だから今思えば本当にめちゃくちゃなお金の使い方をしていました。高級マンションに住み、お気に入りの店で一度に服やら靴やらダーッと買っては店員さんに崇められ、雑誌で見たフグの白子鍋をタクシー飛ばして食べに行く、というような……」

1/3ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

スタイリスト大草直子がコンセプトディレクターを務める、ミドルエイジ女性のためのwebマガジン。ファッション、ビューティ&ヘルス、ライフスタイルの情報を配信中。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ