ここから本文です

前代未聞AT18分の清水戦で退場処分の神戸FWウェリントン、開幕から2試合の出場停止に

2/12(火) 20:25配信

SOCCER DIGEST Web

昨季33節の清水vs.神戸戦での暴挙により、追加で2試合の出場停止処分が科されていた

 Jリーグは2月12日、2019シーズンにJクラブに登録される選手のうち、日本サッカー協会の定める『懲罰基準の運用に関する細則』に基づいて、2018シーズンより出場停止処分が未消化となっているヴィッセル神戸のウェリントンについて、処分を適用する試合を決定したと発表した。

【動画】清水vs神戸 なぜ後半アディショナルタイムは18分を超えたのか?原 博実&上川 徹がJリーグの気になるジャッジを徹底解説!


 それによると、出場停止処分の対象となるのはJ1リーグ開幕からの2試合で、開幕戦のセレッソ大阪戦と2節のサガン鳥栖戦に出場できないことになった。

 ウェリントンは昨年11月24日の33節・清水戦で、1試合2枚の警告により、退場処分を受け、その後に「選手等による競技場又はその周辺関連施設における故意による器物破損行為」で2試合の出場停止処分を科され、計3試合の出場停止処分となっていた。そのうちの1試合は、昨季最終節で消化されている。

 件の清水戦は、審判団の明らかな判断ミスにより後半アディショナルタイムが史上最長の18分50秒を記録。両チームの選手がヒートアップし、試合は大荒れとなった。とりわけ、ウェリントンはラフプレーによって退場処分を受け、その後も収まらずに相手選手に乱暴な行為を働き、味方選手に抑えられながら退場するなど、後味の悪さが残った。

最終更新:2/12(火) 20:31
SOCCER DIGEST Web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事