ここから本文です

長谷部の同僚FWがスペインへ!? バルサと個人合意と独紙報道「デ・ヨングの時と同じ」

2/12(火) 19:29配信

Football ZONE web

フランクフルトがヨビッチの買い取りを見据えるなか、バルサが個人条件で合意か

 元日本代表MF長谷部誠が所属するフランクフルトは、今季終了後にエースを失うかもしれない。ドイツ紙「フランクフルター・アルゲマイネ」は、フランクフルトのセルビア代表FWルカ・ヨビッチがバルセロナと個人条件で合意に達したと伝えている。

【移籍一覧】2018-19退団&新加入選手|海外リーグ冬の移籍市場

 ポルトガル1部のベンフィカからフランクフルトへの期限付き移籍2年目を迎えたヨビッチ。今季はブンデスリーガ19試合に出場し、14得点4アシストをマーク。リーグ得点ランキングでトップに立ち、5位につけるチームの攻撃の中心として活躍している。

 フランクフルトは買い取りオプション付きでヨビッチを獲得しており、その動向は注目ポイントの一つ。これまでにもレアル・マドリードやバイエルンといったビッグクラブからの関心が話題となっていたが、バルセロナが個人条件で合意に達したようだ。

 記事では、「バルセロナは、セルビア人ストライカーの代理人と合意に達しており、今夏に移籍をまとめる予定だ。選手との個人契約をまとめたうえで、アヤックスとの交渉を成功させたオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングの時と同じ手法だ」と伝えている。

 フランクフルトはすでにヨビッチの買い取りを決めているとされており、今後、バルセロナはフランクフルトとのクラブ間交渉を行う見込みだ。生粋のストライカーがウルグアイ代表FWルイス・スアレスだけとなっているバルセロナにとって、21歳の左利きのストライカーの獲得は選手層を厚くするうえでも重要なミッションとなるはずだ。

Football ZONE web編集部

最終更新:2/12(火) 19:32
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ