ここから本文です

新しいダイエット麺でラーメンを作ってみた。こんにゃく麺と比べてどう?

2/12(火) 8:50配信

女子SPA!

 物足りなさ、克服できるか!?

 ダイエット時のラーメンに罪悪感を抱き、「糖質オフ麺」を実践している人を見かけます。これ、おからパウダーやコンニャク粉で作られていて、じわじわと人気が出ているようですが、正直なところちゃんと満足していますか? 私は正直、何度か試したものの、積極的にリピートするまでに至っていません。それはなぜなのでしょうか?

⇒【写真】麺を茹でたところ

 そんなことをモヤモヤ考えていた時に、“新しいダイエット麺”なるものを発見! その名は、「ソイドル」という大豆を100%使用して作られた麺で、糖質96%オフなんだとか。

 そこで今回は、このソイドルを実食調査。人気の「糖質0g麺(紀文)」と比較し、メリットデメリットをまとめてみました。

ソイドルは冷凍麺。期待が高まります!

 ソイドルとは、豆乳や味噌などを作る食品メーカー「マルサンアイ」という会社が製造している通販専用商品。ダイエット麺では珍しい冷凍麺で、7食分1950円(税込・送料無料のお試しセット)という価格です。つまり、1食当たり279円。決してお安い価格とは思えませんが、継続購入していくと安くなる(最大169円)仕組み。麺は一食ずつ個包装になっています。

 まずは特徴・強みを簡単に整理してみました。

●原料は「大豆」のみ(保存料・添加物ゼロ)

●うどんと比較すると糖質96%オフ(うどん:20.8g、ソイドル:0.8g)

●食物繊維が豊富(5.1g。うどんの6倍以上)

●カロリーは中華麺の3分の1以下(89kcal)

●たんぱく質が豊富(10.8g。うどんの4倍超、中華麺の2倍超)

●イソフラボンが豊富(92mg。絹ごし豆腐1丁分もしくは豆乳1.2本分)

 糖質オフ以外で嬉しいポイントは、「たんぱく質」と「イソフラボン」。たんぱく質は健やかなダイエットには必須で、女性ホルモンに似た構造を持つイソフラボンは、女性にとってうれしい成分です。

 ではここで、紀文の「糖質0g麺」と比較をしてみましょう。

1/2ページ

最終更新:2/12(火) 8:50
女子SPA!

あなたにおすすめの記事