ここから本文です

こんな7歳児見たことある!? 速過ぎる天才少年に米衝撃「次なるボルト?」「現実?」

2/13(水) 12:12配信

THE ANSWER

規格外の走力を披露した7歳児の映像が米話題に

 米国に現れた速過ぎる7歳児が話題を呼んでいる。米メディアが動画で公開した陸上競技のレースでは、一人だけ規格外の走力を披露。見る見る間に他走者を置き去りにするシーンに、海外のネットユーザーの間には「次なるボルト?」「これは現実なのか?」と衝撃が走っている。

【動画】この速さなら衝撃を受けるのも当然!? 「次なるボルト?」と話題騒然、米メディアが公開した7歳児イングラム君の快走

 この少年は、本当に7歳なのか――。見た目は確かに子どもなのだが、走り始めると、まるで大人と子どもだった。長髪ドレッドの少年が主役のルドルフ・ブレイズ・イングラム君だ。一人だけクラウチングスタート。号砲が鳴ると、ぐんぐん加速を始める。フォームも、加速力も、まさに異次元。あっという間に差を広げていく。スプリント走とは思えないくらいの大差をつけ、ゴールに飛び込んだ。

 また別の8人でのレースでも圧倒的な走りを披露。ぶっちぎった。金メダルを首に掲げる姿はすでに風格十分だ。米紙「USAトゥデー」のハイスクール・スポーツ版でも驚きの少年に脚光を浴びせている。

「7歳の“ブレイズ・ザ・グレート”はトラック上でとてつもないスピードを見せられるようだ」「フロリダ州タンパベイの若きランナーがいる。彼は現実版のダッシュだ」と動画付きで紹介。ディズニーの人気映画「インクレディブル・ファミリー」に登場するキャラクター「ダッシュ」のようだと驚愕をつづっている。

 また、紹介されている映像では、イングラム君が「60m8.69秒、100メートルを13.48秒で駆け抜けた」とも伝えている。

米ネットユーザーも衝撃「なんてこった、バットマンだ!!」

 米スポーツ専門メディア「ブリーチャー・リポート」は公式ツイッターに「この7歳はおそらく世界最速の子供だろう」とつづり動画を公開。衝撃を受けた様子のフォロワーは続々と反響を寄せている。

「次なるウサイン・ボルト?」
「捕まえられるなら、捕まえてみな!」
「Mr.インクレディブルの子どもだ」
「子供ではない。カイラ―・マレーだ」
「素晴らしい」
「なんてこった」
「これは現実なのか?」
「小さな両脚がものすごい速さで動いている」
「オリンピック選手の登場だ!」
「これを見ると、ソニックの“無敵状態”を思い出すよ」
「なんてこった、バットマンだ!!」

 過去にもアメフトのボールを持って疾走する姿でも話題を集めたこともあるイングラム少年。将来は一体、どんな競技でどんなアスリートに育つのか。早くも注目の的となっている。

THE ANSWER編集部

最終更新:2/15(金) 9:56
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事