ここから本文です

「富士山麗に訪日外国人向け施設」ビジコン優勝は高校生

2/14(木) 12:45配信

オルタナ

2020年の東京オリンピック・パラリンピックでロードレースの開催地に選ばれた静岡県小山町はこのほど同町の活性化につながるビジネスプランコンテストを開いた。神奈川県在住の現役高校生・土橋拓馬さん(17)がグランプリに輝いた。土橋さんは富士山麗の自然を生かして訪日外国人やサイクリスト向けの施設をつくることを提案した。(オルタナS編集長=池田 真隆)

土橋さんのプランは「FUJI CYCLE GATE」。審査員からは、ビジネスモデルや収益モデルが明確であったと評価された。審査員の一人である、みんなの夢AWARDプロデューサーの中川直洋氏は、その場で2月24日に鎌倉で開催する「いざ鎌倉 地方創生サミット support by みんなの夢AWARD」に推薦し、出場が決まった。

同イベントでは、起業家をサポートする自治体と登壇することになっており、土橋さんは小山町役場未来創造部おやまで暮らそう課の石田洋丈さんとプレゼンを行う。当日は、計7組の「地域起業家」が参加する。土橋さんは最年少の出場となる。

最終更新:2/14(木) 12:45
オルタナ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

特集「SDGsビジネス戦略:アウトサイドインは昭和と海外に学べ」
国内外のアウトサイドインビジネス事例
ロングインタビュー:坂本龍一氏(音楽家)
「個人も企業も反自然的な存在」

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事