ここから本文です

ねこの歌を作る「和泉ねこねこねこね子」愛猫が歌手デビュー

2/16(土) 11:03配信

SmartFLASH

 ねこをテーマにした楽曲をサイトなどで配信している、シンガー・ソングライターの「和泉ねこねこねこね子」。愛猫「エルサ(1歳、メス)」とは、ねこの保護団体が開いている譲渡会で出会った。

「初めて会ったとき、エルサは片手に乗るほどの小ささでした。保護された直後は、栄養失調で瀕死の状態だったそうです。保護主さんのお世話のおかげで、だいぶ体重は増えていましたが、まだ、栄養失調による角膜炎が残っていました。今はそれも治り、すっかり元気になりました。

 性格は、食いしん坊でよく鳴きます。ごはんを食べても、すぐまた、お腹がすいたと鳴くので、新曲ではエルサの声をサンプリングして音程をつけ、『歌手デビュー』してもらいました。

 現在は、トイプードルの『るんるん』と一緒に暮らしています。当初、エルサはるんるんを怖がっていたのですが、るんるんはエルサが大好きで、追いかけまわしては逃げられ……を繰り返していました。

 それが今では、るんるんの努力の甲斐があってか、一緒に寝ている姿も見られるほどに。最初にその姿を見たときは、感動しました。るんるんは8歳になりますが、エルサから刺激を受けて、若返った感じがします(笑)」


いずみねこねこねこねこ
7月30日生まれ 大阪府出身 2016年に『rainbow train』で歌手デビュー。おもにねこをテーマにした創作、演奏活動をおこなっている。最新曲『怪盗にゃにゃんの冒険』では、エルサが歌手デビューを果たした。

(週刊FLASH 2019年2月26日号)

最終更新:2/16(土) 11:03
SmartFLASH

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事