ここから本文です

私たちは「中年クライシス」をどう乗り越えればいいのか?

2/17(日) 16:00配信

マネーポストWEB

 かつて働き盛りとして、人生で最も充実した時期だといわれてきた「中年」だが、現在ではうつや不安に襲われる危機を迎えやすい年代であることがわかってきた。中年クライシス(ミッドライフ・クライシス)と呼ばれるその時期をどう乗り越えるか、諏訪中央病院名誉院長の鎌田實医師が考察する。

 * * *
 人生にはいくつかの危機が訪れる。30代後半から60代くらいにかけて起こるミッドライフ・クライシスは、比較的多くの人が経験する危機といっていい。中年の8割は経験するという臨床心理学者もいるほどだ。

 たとえば、出世コースから外れ、自分の能力の限界や体力の衰えなどを実感する40代。自分のやってきたことに対する失望や、今の状況に対する屈辱、周囲への嫉妬や羨望などがない交ぜになって、自分の生き方はこれでよかったのだろうかと思い悩んだりする。

 あるいは、子どもが成長し手を離れる、親の介護が始まる、親しい人を亡くす、といった出来事も、引き金になる。自分を取り巻く状況が変化するとともに、求められる自分の役割が変わってきたのに、それに対応できない。老いや死を意識し、ふと虚しさを感じたり、残された自分の人生の時間に焦りを感じたりする。

 ミッドライフ・クライシスは、人がうらやむような成功者にも訪れる。要は、どれだけ成功したかではなく、どれだけ満足できているかということが大事なのだ。

 症状は軽いものから重いものまでさまざまだ。今まで仕事一筋だったのに、突然、体を鍛え出して「トライアスロンに参加する」などと宣言したりする。起業や海外への留学を計画したり、新しい趣味などにはまったりするのは、これまでの実現しえなかった人生を取り戻そうとする心理なのだという。男性では家庭の束縛から解放されて、恋愛に走ったりすることも珍しくない。

 深刻なのは、うつや不安障害、依存症になったりすることだ。男性も女性も更年期になっていることもあり、症状を悪化させてしまうこともある。

1/4ページ

最終更新:2/17(日) 16:00
マネーポストWEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事