ここから本文です

43歳派遣女子 「5年待ち」で掴んだ年下IT社長との結婚

2/17(日) 16:00配信

NEWS ポストセブン

 結婚を夢見ながらも、結婚に惑う女性たち。彼女たちは男性に、そして結婚に何を求めているのか? 婚活女性たちの結婚の「分岐点」をレポートするシリーズ。今回は、アラフォー婚を果たした美和(みわ)の場合。

 * * *
◆外見はタイプではないが、引きつけられるところがあった

「自分でも予想外の展開で、びっくりしています」

 平成最後の今年、美和さん(43)は入籍した。実家暮らしだった彼女は引っ越しを終え、諸々の手続きを終え、ようやく落ち着いたところだという。「予想外」とはいうが、いわゆる電撃婚ではない。夫の浩太(こうた)さんとは、5年の付き合いを経て結婚したのだから。

 アラフォー女性の5年間は、決して短くないだろう。とりわけ出産を望む女性にとっては。美和さんと浩太さんの交際はどのようなものだったのか。

 出会いは、とあるイベントだった。読書が趣味の美和さんは、友人と好きな作家の対談イベントに参加、その後の懇親会で出会ったのが浩太さん。その時、美和さん38歳、浩太さん35歳。浩太さんは3つ年下だった。

「彼も読書が趣味でした。好きな本のジャンルは違うのですが、話は合いました。2人ともお酒が好きなことがわかり、じゃあ、今度、飲みにいこうよと。本についていろいろ語り合おう、という自然な流れでしたね」

 数回デートを重ねるうちに、付き合ってほしいと浩太さんから告白された。細身で楚々とした美和さんを、最初から気に入っていたという。対してぽっちゃり型の浩太さんは、外見は美和さんのタイプではなかったが、引きつけられるところはあったという。

「私にとって新鮮な人でした。彼はITベンチャーでバリバリ働いていて、交友関係も広い。私が苦手なアウトドアも好きな人。だけど、読書や美術鑑賞といったインドアの趣味ももっている。自分と共通する部分もあるけど、違う部分も多そうだったので、上手くいくかどうかはわからないけど、とりあえず付き合ってみてもいいかなと。ダメならすぐ別れようと思っていましたね」

1/4ページ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事