ここから本文です

その課金ちょっと待った!  付けて後悔しがちなクルマのオプション5選

2/17(日) 7:00配信

WEB CARTOP

雪道ドライブが多い場合のLEDフォグランプはかえって不便

 かつては「ダサくて、高い」と評されることもあった純正アクセサリーだが、いまどきはデザインもスマートになっているし、フィッティングを考えると価格的にも納得できるものが多くなっている。とはいえ、自分のニーズに合わないオプションアイテムを選んでしまうと後悔することも。ここでは、そんな可能性のあるメーカーオプション、ディーラーオプションをピックアップした。ニーズとのミスマッチをしないよう、購入時にはしっかり検討してほしい。

一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

1)AC100Vコンセント

 災害で停電してしまったときにハイブリッドカーのAC100Vコンセントが大いに役立ったというニュースを見かけたことがあるだろう。日常であってもキャンプやバーベキューなどで炊飯器やホットプレートなどの家電が使えるのは便利で、クルマにコンセントをつけたいというニーズは高い。

 しかし、ハイブリッドカーであれば最大1500Wに対応していて、電力を食う家電も使えるが、ガソリンエンジン車にオプションで用意されているAC100 Vコンセントは最大100W程度の能力しかないことが多い。いまどきの炊飯器は省電力といっても120W程度は消費するので、車載で炊飯することは難しい(保温程度なら大丈夫だろうが)。

 つまり、スマートフォンやパソコンを充電する程度の能力しかないと考えておいたほうがいい。このあたりの違いを認識しないまま「コンセントが付いていると便利!」と考えてオプション装着すると失望するかもしれない。

2)ルーフレール

 SUVにはルーフレールが必須アイテムというイメージは強いが、いまどきのスタイリッシュなクロスオーバーSUVにおいてはルーフレールが付いていないクルマも多い。なかにはオプション設定となっていることもあるが、安易にオプションとして選ばないほうがいい。

 具体的に例をあげると、SUBARU XVはルーフレールのついていないスタンダード状態では全高1550mmだが、ルーフレールを装着すると1595mmとなってしまう。つまり、1550mmをリミットとした立体駐車場には入らなくなってしまうのだ。そうした部分を考えずに安易に「かっこいい」、「便利そう」というだけでルーフレールをつけてしまって、いつも利用している立体駐車場に入らなくなってしまったのでは残念。とくにメーカーオプションでは車重や全高などが変わると戻せないので気を付けたい。

1/2ページ

最終更新:2/17(日) 7:00
WEB CARTOP

記事提供社からのご案内(外部サイト)

クルマの「知りたい」を完全網羅
新車試乗・最新技術・お役立ち情報 etc……
すべてがわかる自動車メディアの決定版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事