ここから本文です

仏著名記者、女性にネットいじめ

2/18(月) 0:00配信

Japan In-depth

【まとめ】

・仏メディア男性記者、女性記者を狙ったいじめTweet投稿。

・男性記者ら、有名人への侮辱コメントが“クール”だと勘違い。

・ネット上のハラスメントにフランス政府が動き始めた。

【注:この記事には複数の写真が含まれています。サイトによっては全て表示されないことがあります。その場合はJapan In-depthのサイトhttps://japan-indepth.jp/?p=44182でお読み下さい。】



フランスメディアで働く若い男性記者がフェイスブックで非公開グループを作成・運営し、グループ内で嘲笑するターゲットを決め女性記者らにネットいじめをしていたことが明らかになり、現在フランスでは連日話題となっている。

「LOL同盟(Ligue du lol)」というフェイスブック上に作られた非公開グループは、ジャーナリストやコミュニケーション分野、広告業界で働く男性30人ほどのメンバーで構成されていた。ここでは、仕事の疲れを癒すために、「リンク、写真、人前ではできないジョーク」を公開する場所として利用されていたのだ。

しかし、いつの日からかこのグループは、気に入らない人物を侮辱することが中心になり、ネットで攻撃をする対象を決める場と変貌していく。その結果2013年頃まで、女性を主としたアカウントへ、匿名のアカウントによる攻撃の嵐が続いた。しかも、その女性たちがフェミニストであったり、太っていたり、肌の色が黒かったり、同性愛者であればあるほどその侮辱のコメントが多かったと言う。

このグループが作られた2009年と言えば、フランスではまだツイッターは一般的ではなかった。フェイスブックは多くの一般の人も利用していたが、フランスでのツイッターはSNSでも別枠な感じがあり、「ジャーナリストなど、メディアにかかわる人たちが主張する場」と言う認識を持っている人が多かったのだ。ツイッター利用者は、記者や、ブロガー、ユーチューバーなど、メディアに関係する人物が主であり、メディアの関係者も同業者の繋がりができることや、自己アピールのために積極的に発言していくことが大切だとされていた時代。

フォワロー数も多いほどクールな記者であり、時代の先端を走っているような雰囲気があった。そんな中の一人が日刊紙リベラシオンの記者バンサン・グラッド(@vincentglad)氏だ。フェイスブックに「LOL同盟」を作った張本人でもある。

1/3ページ

最終更新:2/18(月) 0:00
Japan In-depth

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事