ここから本文です

新型フィット 「RS」にターボある!? 今年出る国産スポーツの最新情報捕捉!!

2/19(火) 9:30配信

ベストカーWeb

 2019年は、車名変更も噂されるトヨタのヴィッツやホンダ フィットなど、数々の大物新型車が登場予定。スポーツモデルでは1月にお披露目された新型スープラもデビューを控える。スープラは本格スポーツモデルとして発売されるが、今年出る国産スポーツモデルはこれだけではない!

 冒頭でも触れたフィットには現在スポーツグレードとして「RS」が設定されているが、その新型もベース車両と同時のデビューが予定されている。新型フィットは新たなハイブリッドシステムを搭載するほか、待望のターボエンジン設定も有力視されているが、「RS」にターボはあるのか!?

 このほか、コペン「GRスポーツ」や「GT」、「GT-FOUR」などのモデル名で報じられてきたカローラのスポーツモデルについても、今掴んでいる最新情報をお届けしたい。

新型フィットの「RS」 注目のエンジンは?

 フィット「RS」は、フィットシリーズが今年10月にもフルモデルチェンジするので、この時にスポーツバージョンとして設定される可能性が高い。

 現行型の「RS」は1.5LのNAエンジンを搭載しているが、次期型はエンジンが変更になるかバリエーション拡大で対応するかもしれない。

 というのも、現行型フィットは1.3と1.5LのNAガソリンエンジン、1.5Lハイブリッドという3つのパワーユニットをラインナップしているが、次期型では新開発1Lの3気筒ターボ、1.5LのNAガソリンと1.5Lハイブリッドの構成へ変更される見込みだからだ。

 1Lターボエンジンは、これまでの1.3&1.5NAをカバーする“ダウンサイジングターボユニット”といえる。「RS」バージョンは、この1Lダウンサイジングターボを搭載するにはコンセプトが異なるので設定は見送られるはず。

 したがって「RS」用には、従来の1.5L・NAエンジンをトルクフルに改良して、より走りのポテンシャルを高めたものに進化させると思われる。

1/2ページ

最終更新:2/19(火) 9:30
ベストカーWeb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事