ここから本文です

明日花キララが「女性向けスタイルブック」を出すワケ 担当編集者が語る“勝算”

2/19(火) 6:00配信

デイリー新潮

 明日花キララ(30)といえば、世の殿方ならば誰しもが知る“女優さん”である。2007年にデビューし一世を風靡する傍らで、アイドルグループ「恵比寿★マスカッツ」メンバーとしても活動してきた。そんな彼女が、このたび“女性向け”のスタイルブックを上梓したというのだ。

 ***

 “日本一男性を虜にした女優、明日花キララの1stスタイルブック”と銘打った『neo nude…』が発売されたのは、2月14日のことである。書名に“nude(ヌード)”の文字は踊るが、ご想像のようなエロは一切なし。彼女のファッションやメイクなどにフォーカスした健全な一冊だ。

 発行が「主婦の友社」というのもこれまた意外。一体、どんな経緯で“明日花キララ本”を出すことに……? 

「そもそものきっかけは、主婦の友社から出している女性ファッション誌『S Cawaii! (エスカワイイ)』でした」

 と語るのは、担当編集の氏家菜津美さん。30代半ばで一児の母というから、こちらも“明日花キララ”のイメージからはちょっと遠い。

「去年のAUTUMN号で韓国コスメ特集を組み、“オルチャンメイク”や整形事情などを紹介したんです。その号の読者アンケートの『好きなタレントやアーティストは?』という項目で、いちばん挙がったのがキララちゃんの名前だったんです。特集に関心があって雑誌を手に取った読者の回答なわけですが、それこそローラさんを越える人気でした。キララちゃんの名前は知っていましたけれど、一般の女の子にも人気があるんだ、と。すぐに次の号に出てくださいとオファーしたんです。会ったらイイ意味でフツーの女の子でした」

 続く「WINTER号」では〈明日花キララさんをゲストに迎えたオトナ(ハート)S Cawaii!〉というコピーで、ゲストモデルとして登場。〈愛され“BITCH(ビッチ)”になる30のRULES。〉と題し、モテしぐさをレクチャーする特集も掲載された。これと前後して、出版の企画も立ちあがったという。

1/2ページ

最終更新:2/19(火) 6:00
デイリー新潮

記事提供社からのご案内(外部サイト)

デイリー新潮

新潮社

「週刊新潮」毎週木曜日発売

「デイリー新潮」は総合週刊誌「週刊新潮」が発信する最新の話題に加え、専任取材班による綿密な取材に裏打ちされた記事を配信するニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事