ここから本文です

子どもの花粉症、免疫療法の効果高く 貼り薬も利点

2/20(水) 10:12配信

NIKKEI STYLE

まもなくスギ花粉が本格的に飛散しはじめる時期。花粉予報を見て憂うつな気分になっている方も多いのではないだろうか。そこで今回は、新薬が登場し、選択肢が増えている花粉症治療の最新事情と、最近、増えている子どもの花粉症とその治療について紹介する。

■薬の基本は抗ヒスタミン薬と鼻噴霧用ステロイド

花粉症で受診すると、通常は飲み薬の「抗ヒスタミン薬」と、鼻にスプレーする「鼻噴霧用(点鼻)ステロイド薬」を処方されることが多い。

抗ヒスタミン薬は、花粉によるアレルギー反応で体内に放出される「ヒスタミン」という物質の作用をブロックすることで、くしゃみや鼻水、鼻詰まりといった花粉症の典型的な症状を抑えてくれる。また、鼻噴霧用ステロイド薬は、鼻粘膜に直接働いて炎症を抑える作用を発揮する。

以前の抗ヒスタミン薬(第1世代抗ヒスタミン薬)は、脳に作用して眠気を引き起こす副作用が強く、仕事などの効率が落ちる「インペアードパフォーマンス(能力や効率の低下)」が問題になっていた。しかし今では、脳への作用がより少ない「第2世代抗ヒスタミン薬」が処方されるようになったため、眠気などの心配は少なくなっている。

ただし、同じ第2世代抗ヒスタミン薬の中でも、眠気の発生については差があり、薬によってはクルマの運転などを控える必要がある。診察時や薬局で薬を受け取る際、医師や薬剤師から「服用中はクルマの運転禁止」または「注意して運転する」などの指導と詳しい説明があるはずなので、必ず守りたい。


薬の効力や副作用の現れ方には個人差があるので、眠気についての注意を受けていなくても、ぼうっとしたり眠気を感じたりしたら、運転を控え、医師や薬剤師に相談するとよい。

鼻噴霧用ステロイド薬については、「ステロイドは怖いもの」という印象を持つ人もいるが、飲み薬とは違って成分が血液中に浸透することはほとんどないため、全身の副作用は少なく、長期間使っても安全とされている。

■貼る抗ヒスタミン薬も登場

2018年には花粉症の画期的な新薬も登場した。「アレサガテープ」という薬がその1つ。抗ヒスタミン薬だが、飲み薬ではなく貼り薬で、22.3×36.1ミリメートルほどの小さなテープを1日1回貼り換えることで花粉症の症状を抑えることができる。

飲み薬としては、効き目が強い代わりに副作用がやや多く、あまり使われなくなっていたが、貼り薬にしたことで成分が徐々に浸透し、血液中の濃度が長時間一定に保たれるため、副作用を減らすことができた。飲む薬の数が多い人には薬を増やさずに済むメリットもある。入浴後に貼るなど、生活習慣に取り込むことができれば便利だ。

1/3ページ

最終更新:2/20(水) 12:15
NIKKEI STYLE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフスタイルに知的な刺激を。
生活情報から仕事、家計管理まで幅広く掲載
トレンド情報や役立つノウハウも提供します
幅広い読者の知的関心にこたえます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事