ここから本文です

デビュー10周年を迎える、遊助が語る「濃厚な10年間!」【前編】

2/20(水) 7:00配信

ウォーカープラス

横須賀市出身、俳優・タレントとして活躍する上地雄輔が、ソロアーティスト・遊助としてデビューし、10周年を迎える。テレビ番組「クイズ!ヘキサゴンII」から、思わぬ形でスタートした遊助としての活動。初のオールタイムベスト「遊助 BEST 2009-2019 ~あの・・あっとゆー間だったんですケド。~」をはじめ、その濃厚な10年を語ってもらった。

2019年3月11日(月)にデビュー10周年を迎える遊助

ーーデビュー10周年おめでとうございます。

遊助 ありがとうございます!

ーー10周年の実感が、初のオールタイムベスト「遊助 BEST 2009-2019 ~あの・・あっとゆー間だったんですケド。~」というタイトルにも表れていますね。

遊助 そうですね。10という数字を聞くと、あっという間だったなと思うんですけど、一つ一つの物語を思い返すと、濃かったりするので、まだ10年しかたっていないのかなっていう気持ちもあります。

ーーデビューの時は、ここまで続くとは意識していましたか。

遊助 「やるからには」というのはありましたけど、片隅にあったくらいで、3年後、5年後とか、具体的には考えていませんでしたね。始まりから「あれ、スタートしちゃった」みたいな感じでしたし。

ーーテレビ番組「クイズ!ヘキサゴンII」の企画で、まずは3人組のグループ「羞恥心」からスタートして、ソロ活動へと発展しましたね。

遊助 「羞恥心」もそうでしたし、まったく想像もしていなかった展開で。ごろごろと転がりながら、はじまりました。遊助が唯一違うのは、応援してくれる人たちがひっぱってくれてスタートしたということかな。それまでは関係者の人たちが盛り上げてくれて、見る景色が変わっていったけど、遊助は、すべてが応援してくださっている人たちの声で始まったプロジェクトだったので。

ーーソロアーティストとなると、背負うものも大きくなりますよね。

遊助 そうですね。だから、スタッフサイドもそうですけど、関係者や身内の「やめときな」って声がすごかった。

ーーそうだったんですね。

遊助 99%そうでしたよ。「絶対、やめとけ」って。もちろん、芝居とかバラエティとか、音楽以外のお仕事もさせていただいていたし、俺も逆の立場だったら、反対していたと思うんですけどね。もともと、俺は、音楽が詳しかったわけでも、カラオケが好きだったわけでもない。音楽をやりたかったわけではなくて、そこを求めて歩んできた道のりではなかったので。コンサートのサプライズで、初めて作詞をして「ひまわり」というオリジナル曲を披露した。それだけだったから。「できるわけないだろう」「恥をかくからやめておけ」って、普通なりますよね。

ーーそれでも「やった」。

遊助 どこかで反骨精神があるから、「なにー!?」ってなったのも事実(笑)。そこまで言われたらやってやるっていうか。あとは、なにより、応援してくださる人たちの声でした。求められるということは、表現者としてなによりもありがたいことだし、自分の存在意義を感じられて、少しでも自分が生み出すものでお役に立てるならっていう。

ーー居場所みたいなものって、バラエティや俳優のお仕事とは違うもの?

遊助 全っ然違いますね。まあ、音楽と役者とバラエティって3つとも違いますけど、役者とバラエティは、まだ共通点があって、役割分担がしっかりしているんです。あとは、バラエティだったら「その日」、ドラマはどれだけ長くても連続ドラマで「3ヶ月」とか予め区切りがあって。でも、遊助の活動は終わりが見えない。もちろん、バラエティみたいに、一度滑ったらCDも作れないし、ライブもつまらないものをやったら来年はお客さんも観にきてくれないとか、「売れ続けなければならない」ところはありますけど。自分が何も思いつかなかったら、そこで全てが終わるみたいな。言い訳できないんですよね。絶対に俺のせいだから。変な話、3人組の時は、こういう取材もしゃべんなくていい時間があるんですよね。でも、今は、誰かが僕の代わりをやってくれるわけでもないし、誰かが代わりに歌ってくれるわけでもない。俺がいなくなったら、成立しないんですよね。そこの違いは、ソロになって改めて気づいたというか。ソロがえらいとか、すごいとかではないんですけど、使う筋肉の種類が絶対に違うというか、急激に変わりました。

ーーソロですと100%、注目も自分に集まるから誤魔化せないですよね。

遊助 ひとりでずっとど真ん中に立ち続ける、作り続けるって、もちろんやりがいがあることだし、幸せなことなんですけど、恐ろしさが半端ないっていうか。そんなことばかり考えていたら、何も作れないんですけど。そんな頼りない自分を支えてくれる、応援してくださるみんながいて、成りたっているんです。(→後編へ続く)

遊助

1979年、横須賀市出身。2009年3月11日、1stシングル「ひまわり」でソロデビュー。300万ダウンロード超えの大ヒットを記録し、「第60回NHK紅白歌合戦」に出場。2018年8thアルバム「あの・・こっからが山場なんですケド。」にいたるまで、俳優・タレント業と並行してコンスタントに活動。2019年はオールタイムベストのほか、2019年2月28日(木)日本武道館、3月11日(月)大阪城ホールでの10周年記念ライブを予定している。

構成・取材・文=古城久美子/撮影=映美/ヘアメイク=平山直樹、矢澤睦美(wani)/スタイリング=井元文子(クリエイティブギルド)/衣装協力=VANS、elephant TRIBAL fabrics(横浜ウォーカー・横浜ウォーカー編集部)

最終更新:2/20(水) 18:04
ウォーカープラス

記事提供社からのご案内(外部サイト)

冷感グルメ2019
ひんやりグッズ27
マッチングアプリ
TOKYOの避暑地

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事