ここから本文です

悪ふざけバイトへの法的措置は妥当な策なのか

2/20(水) 16:00配信

東洋経済オンライン

 それでも、約90億円もの損害が発生することを通常予見できたかといわれれば、それについては疑問があるので、この損失分をすべて賠償請求することはなかなか認められにくいだろう。今回も一部の損害について請求を求めつつ(それでも高額ではあるだろうが)、一定の金額(例えば数百万円など)で和解することになるのではないだろうか。

■雇用問題が不適切動画事件の原因なのか

 くらコーポレーションが、従業員に対して法的措置を取ることを発表した後、インターネットを中心にその賛否をめぐって議論が分かれている。

 法的措置に対する批判的な意見としては、「安い労働力をバイトで確保しておいて、不祥事が起きたら重い責任を負わせるのは不当だ」「外食産業やコンビニエンスストアは、アルバイトを含む非正規雇用に深く依存している。一連の不適切動画事件が相次いでいるは、その負の側面が現れているにすぎない」といったような論調のものが見られるようだ。しかし、本当にその議論は正しいだろうか。

 確かに、これが不注意によって発生した事案なのであれば、そうした議論も可能かもしれない。業務のクオリティは報酬に見合ったものであるべきで、この点にギャップが生じていることを放置し続ければ、その歪みがいずれ何らかのかたちで現れる。極端なケースで言えば、2016年1月に起きた軽井沢スキーバス事故などは、格安ツアーを成り立たせるため、従業員に長時間労働を強いていたことが原因とされた。

 しかし、改めて確認するが、一連の不適切動画事件における行為は、何か業務上の注意義務を怠ったような性質のものではない。彼らが、事の重大さをどこまで認識していたかは定かではないものの、本来であれば業務上まったく行う必要のない、単なる悪ふざけを行ったことの結果なのだ。報酬の多寡や非正規雇用の増大はこのような行為を行うことを正当化する理由にはなりえない。

 なるほど、確かにアルバイトの数が増えていけばこうした不祥事が発生する可能性は上がるかもしれない。時給も高いよりは安いほうがその確率は上がるだろう。その意味で、こうした原因(安い賃金による不正規雇用の増大)と結果(不適切動画を投稿すること)とは、まったく無関係とはいえない。

3/4ページ

東洋経済オンラインの前後の記事

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事