ここから本文です

電子チケットサービス最新動向 不正高額転売対策の足がかりへ

2/22(金) 12:00配信 有料

コンフィデンス

LINE TICKETとplayground(右)の電子チケット

昨年12月8日に参議院本会議において「特定興行入場券の不正転売の禁止等による興行入場券の適正な流通の確保に関する法律案」が可決成立し、同法案は6月14日からの施行となる見通しだ。不正転売の防止を図る施策が急務となり、電子チケットや顔認証システムなどを導入する動きが活発化している。

 そうしたなか、電子チケットに紐付き、ファンに付加価値を与えるさまざまなサービス提供で、新たな収益源も生まれている。本特集では、EMTG、LINE TICKET、pkayground各社の取り組み事例を元に、電子チケットの今について改めて紹介したい。 本文:7,621文字 写真:5枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込162
    使えます

記事購入にも使える108ポイント獲得できるチャンス

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

最終更新:2/22(金) 12:00
コンフィデンス

おすすめの有料記事

使えます

もっと見る