ここから本文です

イブラヒモビッチ、マンU時代の”懐疑的な目”を回想 「みな俺のファンになっていた」

2/22(金) 8:40配信

Football ZONE web

アンチファンは手のひらを返すことに「彼らは間違っていたと認めることになった」

 米MLS(メジャーリーグサッカー)LAギャラクシーの元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチが、古巣マンチェスター・ユナイテッドの公式サイトに再登場。インタビューに応じ、プレミアリーグ初挑戦時のことを振り返っている。

 イブラヒモビッチは2016年夏にパリ・サンジェルマンを退団し、ユナイテッドへ加入。母国スウェーデンから始まったキャリアでオランダ、イタリア、スペイン、フランスと渡り歩き、キャリア8クラブ目としてマンチェスター行きを選んだ。

 ユナイテッド加入当時、すでに34歳となっていただけにイブラヒモビッチのプレミアリーグ挑戦に懐疑的な声もあった。しかし、カリスマFWは“アンチファン”もすぐに手のひらを返したと語る。

「俺がイングランドに来た時、あの年齢でのチャレンジということもあって、俺は十分な活躍ができないだろうとみんなが言っていた。そういった声は好ましいよ。俺にとってはそれが引き金になる。アドレナリンを与えてくれるんだ。それから3カ月後には、彼らは自分の発言が間違っていたと認めることになった。新たに俺のことを嫌う人が必要になった。なぜなら、それまで俺を嫌っていた者は、みな俺のファンになっていたからね」

 イブラヒモビッチらしさ全開の語り口で回想したが、当時「ユナイテッドの神になる」という大胆発言も注目され、1年目から公式戦46試合で28得点と確かな結果を残した。

「俺はユナイテッドに来て、イングランドを征服すると言った。そうするとみな俺を笑った、俺がジョークを言っているとね」

 有言実行で、ネガティブな声もすぐさま歓声に変えたイブラヒモビッチ。プレミアリーグ優勝こそ叶わなかったものの、リーグカップとUEFAヨーロッパリーグのタイトルを獲得し、優勝請負人の名にふさわしい活躍を見せた。“赤い悪魔”でのプレーは約1年半の短い時間だったが、残したインパクトはあまりに強烈だった。

Football ZONE web編集部

最終更新:2/22(金) 8:40
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事