ここから本文です

湊かなえのイヤミス短編集が、寺島しのぶらの主演でドラマ化「WOWOWでこそできる挑戦的な作品」

2/22(金) 6:00配信

ザテレビジョン

湊かなえのイヤミス6編を収めた短編集「ポイズンドーター・ホーリーマザー」がこの夏、WOWOWで連続ドラマ化。表題作の主演は寺島しのぶ。この他、数十名以上の実力派女優陣が集結する(後日発表)。

【写真を見る】WOWOWでは4月に柴咲コウ主演の「連続ドラマW 坂の途中の家」がスタート

それぞれの場所でそれぞれに生きる女性たちが抱く激しい情念や苦悩、そして冒してしまう過ち。しかし、見る角度が異なれば、それらは成功であり幸福でもある。人生も人間もある一面だけで判断してはならない…それがこの作品集の最大のテーマだ。

湊かなえ原作の連続ドラマは、WOWOWでは2012年の「連続ドラマW『贖罪』」(小泉今日子主演)、地上波では2017年の「リバース」(2017年、TBS系/藤原竜也主演)以来となる。

いとおしい愚か者たちが織りなす「連続ドラマW 湊かなえ ポイズンドーター・ホーリーマザー」。前述の「リバース」や「夜行列車」(2013年、TBS系)の清水友佳子らが脚本を担当する本ドラマは2019年夏、WOWOWプライムで放送される予定。

■ 「今の私を出し切るつもりでやりきりたい」

寺島しのぶは表題作の主演を務めるにあたり、以下のコメントを出している。

自分は毒親なのか私は毒娘だったのか。

今まで生きてきた自分の人生も振り返りつつ、今1人の息子を持つ母としてどういう感情がこの作品に投影できるのか、楽しみです。

今の私を出し切るつもりでやりきりたいと思います。勧善懲悪が日本では受ける中こういう結論の出ないグレーな部分を描いていく。

WOWOWさんでこそできる挑戦的な作品だと思っています。

■ 「ポイズンドーター・ホーリーマザー」ストーリー

女優・藤吉弓香は、自分を思うようにコントロールしようとする母・佳香(寺島しのぶ)の存在に小さいころから悩まされてきた。佳香は、弓香にとってまさに「毒親」。佳香に反発して上京した弓香だったが、束縛から逃れられていたわけではなかった。佳香が裏で動いたことで男と別れ、大切な仕事を失っていたと知った弓香はトーク番組で佳香を告発、それが大きな反響を呼ぶ。

一方、佳香を知る周囲の人間たちから見れば佳香は、決して「毒親」などではなく子ども想いの良き母親だった。弓香の発言を聞いた佳香は、自分の人生を振り返ることになり、「子離れ」を決意するが…(「ポイズンドーター」「ホーリーマザー」)。

他に、すべては自分のせいだと信じ続ける(「罪深き女」)、脚本家をめざしライバルの活躍にいら立ちを募らせる(「ベストフレンド」)、「優しすぎて」殺人を犯してしまう(「優しい人」)、奔放な妹と対照的に40歳近くまで猫だけに心を開いてきた(「マイディアレスト」)、といったさまざまな女たちの姿が描かれていく。

(ザテレビジョン)

最終更新:2/22(金) 6:00
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

週刊ザテレビジョン29号
7月10日

定価:390円

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事