ここから本文です

【インタビュー・ボーダレスな女たち】全資金ロストからのメルボルン起業20年!自然療法士・松本ナミさん

2/23(土) 16:30配信

HOLICS

「海外」と「お金」をテーマに、海外へ飛び出しビジネスチャンスをつかんできた先輩たちに、30代女子を代表して斉藤アリスが質問する人気連載。第4回目は、メルボルンを拠点にナチュロパス(自然療法士)の第一人者として活躍するAlinga Organics代表の松本ナミさん。今年で海外生活20年の節目を迎え、海外留学から起業、独立まで駆け抜けてきたその半生を振り返ります。

【画像】「全資金ロストからメルボルン起業した松本ナミさんの人生年表」を見る

「NO」と言えない日本人。気がつけば全資金LOST。

「会社をスタートして2年後、共同経営者が商品のストックとお金を全部もって逃げちゃったの。当時の私は人に『NO』というのがすごく苦手で…。まさに、NOと言えない日本人でした。人にズケズケ入ってこられたとき、断れずにやりたくないことをやってしまうのはダメ。自己肯定感をもって『NO!』と言えるようにならなきゃ。自分を喜ばすことを一番に考えなきゃ。だって自分とは一生付き合っていくわけだし、最終的に頼りになるのは自分しかいないじゃん?」

26歳でオーストラリアへ留学したナミさん。今から約20年前、現地で自然療法の分野を学ぶアジア人はおろか、専門大学への編入を認められたのは豪州の市民権、永住権を持つ者だけだった。そんな時代に現地の大学を卒業し、31歳で現地就職、38歳で起業。そして順調だった2年目、ビジネスパートナーが全資金と共に消えた…。その時ナミさんのとった驚きのポジティブ行動とは?道なき道を切り開いてきた彼女の20年に迫ります。

26歳で脱サラ。5年間の海外留学へ。

ー初めてオーストラリアを訪れたのは?

23歳の時です。短大を卒業後、一般企業の事務職に就職して2年間働いたのち、1年のワーキングホリデーへ行きました。当時OLをしながら通っていたアロマセラピーの学校で、オーストラリアのブッシュレメディーを知ったのがきっかけです。

ーブッシュレメディーって?

原住民であるアボリジニが受け継ぐ文化で、木や花を使って怪我や病気を癒す自然療法のことです。帰国後は外資系企業に再就職。留学費用を貯めて、26歳のとき再びオーストラリアへ渡りました。

ーどれくらい貯めたんですか?

たしか350万円くらいです。その頃、為替レートがすごく良かったの。だから今では考えられないくらいお得に留学できて、なんとかなりました(笑)。

1/5ページ

最終更新:2/25(月) 18:51
HOLICS

記事提供社からのご案内(外部サイト)

HOLICS(ホリックス)

株式会社DKMedia

世の中にあふれる情報を偏愛者目線で
深掘り&再編集するのがHOLICS。
次にハマれる「好き!」を探している、
すべての女性のためのメディアです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事