ここから本文です

「卒業した直後は怖かった」小澤廉、役者としての人生でいちばんホッとする時間

2/23(土) 20:00配信

週刊女性PRIME

伊勢直弘さんの脚本にすごく期待しています

 舞台『おそ松さん』シリーズ、舞台『ダイヤのA The LIVE』、舞台『あんさんぶるスターズ!』シリーズなど人気作に次々に出演。主演作も多く、2.5次元舞台で引っ張りだこの小澤廉さん。昨年は情報バラエティー番組『PON!』のお天気お兄さんとしても注目を集め、年末には主演映画が公開されるなど活動の幅を広げている。

 2019年の要チェックな俳優、小澤さんが次に出演する舞台は「劇団シャイニング from うたの☆プリンスさまっ♪『Pirates of the Frontier』」。

 今作は、ゲーム、アニメなどさまざまなメディアミックス展開を続ける女性に大人気なコンテンツ「うたの☆プリンスさまっ♪」、通称「うた☆プリ」のドラマCD「うたの☆プリンスさまっ♪ シアターシャイニング『Pirates of the Frontier』」を原案にした舞台。

 本シリーズは、「うた☆プリ」に登場するシャイニング事務所のアイドルが演じた役を、今、注目の役者が引き継ぎ演じるというユニークな方式だ。

「僕は一十木音也さんが演じた海賊のイッキ役を演じます。2.5次元と呼ばれる舞台とは少し違って面白いなと思うのが、以前に同じ「劇団シャイニング」の『天下無敵の忍び道』という舞台で音也さんがやった音也衛門という役を演じたことがあるんですけど、今回は違う役柄なので表現を変えて演じられるところ。ほかの作品では、1作目でその役柄の特徴をつかんだら2作目から進化させていくので、まったく別の舞台をやる感覚です」

 海賊たちが大海原を舞台に繰り広げる男たちの絆が描かれる今作の見どころは?

「ステージに豪華な海賊船が出てきたら、きっと迫力ありますよね(笑)。物語の部分では、脚本と演出が今回も伊勢直弘さんなので、僕もすごく期待しているんです。前回出演した『天下無敵の忍び道』は完全燃焼できた舞台で、毎公演終わるたびにみんなで抱き合って涙が出そうなくらい熱くなれた脚本を書いてくださったので。大好きな演出家さんでもありますし、伊勢さんが僕にまた出てほしいって言ってくださったのはうれしいですね。

 あとは剣の殺陣で。1月に出演した音楽活劇『SHIRANAMI』で、主演の早乙女太一くんたちの殺陣を舞台袖からずっと見ていて、たまっていたフラストレーションを今作で発散したい。『Pirates of the Frontier』でぶちかましたいと思います(笑)。『天下無敵の忍び道』は殺陣がキツすぎて感情も高ぶりすぎて、泣きながら殺陣をやっていたんですけど、今回も自分を追い込んで、見てくれる人に感動してもらえるような作品にしたいと思っています」

1/2ページ

最終更新:2/23(土) 20:00
週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」6/4号

定価400円(税込)

「週刊女性PRIME」では「週刊女性」本誌の一部記事のほか「週刊女性PRIME」独自の記事を読むことができます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事