ここから本文です

深川麻衣、西野七瀬、若月佑美…乃木坂46卒業生の“女優”としての躍進が目立つ理由

2/23(土) 8:10配信

オトナンサー

 アイドルグループ・乃木坂46卒業メンバーの“女優”としての活躍が目立っています。深川麻衣さんは、2018年度下期のNHK連続テレビ小説「まんぷく」(月~土 前8:00)に出演するほか、2019年1月期のテレビ東京系連続ドラマ「日本ボロ宿紀行」(毎週金曜 深0:52)で連ドラ初主演を果たしています。

【動画】若月佑美さん、スケバン姿でソロダンス!

 西野七瀬さんは、2019年1月期のテレビ東京系連続ドラマ「よつば銀行 原島浩美がモノ申す! ~この女に賭けろ~」(毎週月曜 後10:00)に卒業後初の連ドラレギュラーとして出演。若月佑美さんは、2018年10月期の日本テレビ系連続ドラマ「今日から俺は!!」での好演が記憶に新しいところです。

乃木坂独自の方向性としての“演技”

 著書に「『アイドル』の読み方 混乱する『語り』を問う」(青弓社)などがあり、「乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展」の制作にも携わったライターの香月孝史さんは、「乃木坂46はグループ結成当初からの方針として、女優になれる人材を育てるということがありました。その施策が実った結果」と指摘します。

「AKB48の公式ライバルとして2011年に乃木坂46が結成された頃、女性アイドルの世界では、AKB48劇場に代表されるような“現場”と呼ばれるライブやイベントの場が頻繁に設けられるのが通例でした。しかし、乃木坂は常設劇場のような“現場”がなく、ライバルとして位置付けられていたAKBと同じ武器を持ってはいませんでした。そんな中、乃木坂独自に模索し、打ち出した方向性の一つが“演技への傾斜”でした」(香月さん)

 AKB48との差別化の一環として、演技ができるアイドルを育てる環境づくりがなされていたという乃木坂46。具体的には、舞台演劇と映像作品の2通りがあるといいます。

「活動初期の乃木坂46は演劇に重きを置く企画として、2012年から2014年にかけて舞台『16人のプリンシパル』を上演しています。前半の第1幕で、メンバーがオーディションを受ける様子が上演され、観客の投票を反映して後半第2幕の芝居のキャストを決める、特殊な形態のものでした。

この時点では、まだ、AKB48の“選抜総選挙”を踏襲した発想も残っていたといえます。その後、2015年の舞台『すべての犬は天国へ行く』を転機に本格的な舞台演劇を志向し始め、外部の舞台作品にも数多く出演するようになりました」

 その結果、現在では、現役メンバーの生田絵梨花さんや桜井玲香さん、3月末での卒業を発表した衛藤美彩さんらの、名門・東宝ミュージカル出演が相次いでいます。

1/2ページ

最終更新:3/6(水) 16:53
オトナンサー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

オトナンサー

株式会社メディア・ヴァーグ

「ライフ」「漫画」「エンタメ」の3カテゴリーで、暮らしに話題と気づきをお届け!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事