ここから本文です

湘南が2年連続でJ1開幕戦勝利!武富の2ゴールで昨季4位の札幌を撃破!

2/23(土) 18:06配信

SOCCER DIGEST Web

今季、5年ぶりに湘南へ戻ってきた武富が終盤に大暴れ!

2月23日、J1リーグ・1節が各地で行なわれ、Shonan BMWスタジアム平塚では湘南対札幌の一戦が行なわれた。
 
 昨季のルヴァンカップ王者・湘南はスタメンにGKの秋元陽太、左ウイングバックの杉岡大暉といった昨季の主軸に加え、武富孝介、中川寛斗の新加入組を起用。一方、昨季クラブ史上最高の4位に入った札幌は今季から加わったアンデルソン・ロペスをいきなり先発に抜擢。注目の新戦力・鈴木武蔵と岩崎悠人はベンチからのスタートとなった。
 
 ともに3-4-2-1のシステムでキックオフしたゲームは、立ち上がりから札幌が押し込む。1トップのジェイ、2シャドーのチャナティップ、A・ロペスが積極的にボールへ関与。前線で起点となり、攻撃をリードした。24分には左サイドから福森晃斗が左足でボールをファーサイドに入れると、進藤亮佑が頭で折り返す。最後はジェイがあわやゴールという一撃を見舞った。
 
 対する湘南は粘り強く守りながら、カウンターを狙うスタイルで好機を窺う。26分には齋藤未月が持ち上がり、左サイドを駆け上がってきた杉岡にスルーパス。ここから前にボールを運び、左足で強烈なシュートを見舞うも枠を捉え切れなかった。
 

【PHOTO】2019シーズンを戦うJクラブの新ユニホームを一挙紹介!

 0-0で折り返した後半は、立ち上がりから堅守速攻の湘南が主導権を握る。高い位置でボールを奪い、札幌のパスワークを寸断。54分に投入されたルーキーの大橋祐紀が思い切りの良い仕掛けを見せ、チャンスを作り出していく。

 対する札幌はリズムを取り返すべく、76分にペドロヴィッチ監督が動く。シャドーに鈴木、右ウイングバックにルーカス・フェルナンデスを投入。個の力に長けたふたりを入れ、攻撃の活性化を図った。

 しかし、札幌の思惑を湘南が打ち砕く。82分、右CBの山根視来が最終ラインから駆け上がり、右サイドを深く抉って折り返す。最後は武富が押し込んで先制点を奪った。

 その後は札幌の猛攻に晒されたものの、湘南は最後まで守備陣が奮戦。90分には武富がダメ押し弾を奪って勝負あり。2-0で勝利を掴み、2年連続でJ1開幕戦を白星で飾った。

最終更新:2/23(土) 18:07
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事