ここから本文です

豊臣秀長~秀吉を輔佐し続けた名脇役

2/25(月) 12:15配信

PHP Online 衆知(歴史街道)

秀長という存在の大きさ

秀吉一家にとって、なによりも強い力になっていたのは家族愛だ。
秀吉と秀長が少年の頃、母親のなかが再婚した。しかし、なかの二度目の夫と秀吉とは仲が悪かった。母親は閉口して、あるとき秀吉を呼んでこう言った。
「おまえが家にいると、お父さんとの間にゴタゴタが絶えない。悪いけれど、お金をあげるから家を出ておくれ」
これは言ってみれば母親が自分の幸福を守りたいがために、長男を追い出すということだ。こんな立場に立たされれば、ふつうの少年だったらグレる。そして母親を憎むだろう。ところが秀吉にはそんな考えはまったくなかった。むしろかれは、
「わかった。家を出て出世し、一日も早くお母さんを迎えに来るよ」
というような健気な心を持つ少年だった。このやさしさは秀吉の最もいいところだ。このやさしさが、ある時期まではかれをどんどん出世させていく。つまり、周りの人間に、
「秀吉さまのためなら」
という気持ちを抱かせるバネになっていた。秀長は兄のそういういい性格を知っていた。だから自分が秀吉の心身の中に潜りこんでその一部となり、秀吉にとって相当耳に痛いことを言っても、兄は決して怒るまいと思っていた。そのとおりだった。兄が天下人になった後、弟の秀長は大納言となり、依然として秀吉のサーモスタットぶりを発揮していた。
しかし、秀長が死に、秀吉の体内からそのサーモスタットが失われたときから、秀吉はおかしくなりはじめた。自信を失ったのだ。自分の心の一角から、ある部品が完全に抜け去ってしまったからである。
その意味では、豊臣秀長は戦国時代における他の「名補佐役」とは違って、さらに一歩進んだ、
「トップ自身の体内における、一部品」
だったと言ってもよい。しかしその部品は、本体の言いなりになったわけではなく、本体が誤ったことをしようとしたときは、
「そんなことをしてはいけない」
と意見をし、やめさせる力を持っていた。つまり、
「本体の出力の一部を反転させ、出力自身によって出力を制御させる力」
を持っていたのである。豊臣秀吉にとっての弟秀長の存在は、そう考えるべきだろう。

※本稿は、童門冬二著『信長・秀吉・家康の研究』(PHP文庫)より、一部を抜粋編集したものです。

4/4ページ

最終更新:2/25(月) 12:29
PHP Online 衆知(歴史街道)

記事提供社からのご案内(外部サイト)

歴史街道

PHP研究所

2019年6月号
2019年05月07日発売

680円(税込)

【総力特集:「天皇と日本史」の謎】日本にとって天皇とは? 歴史における重大事件を軸に、天皇という存在について考えていく特集です。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事