ここから本文です

「社員が顧客満足を目指す組織」は社員満足からはじまる。 (玉木潤一郎 経営者)

2/25(月) 6:37配信

シェアーズカフェ・オンライン

顧客満足度は企業にとって重要な指標である。調査会社による顧客満足度調査や、自社のキャッチコピーとして「顧客満足度ナンバーワン」を掲げる会社もある。企業は顧客に価値を提供することで対価を得ているのだから、当然と言えば当然だろう。顧客満足は、顧客第一主義や顧客最優先など様々に言い方を変えて長く表現されてきており、顧客をもっとも大事なものであるとする企業の姿勢は高度成長期から現在まで貫かれてきた。

しかし今、社員の幸福を最優先することが企業に求められ始めている。社員を優先というと、まるで顧客は二の次であると誤解されかねないが実はそうではない。社員満足を追求することの真のメリットについて考えたい。

■顧客満足と社員満足、それぞれを追求する会社
顧客満足と社員満足、それぞれを追求する例として、ファッションブランドUNIQLOを展開する株式会社ファーストリテイリングと、ファッション通販サイトのZOZOTOWNを展開する株式会社ZOZOを挙げてみる。

ファーストリテイリングの顧客満足追求はよく知られるところだ。ウェブによる顧客アンケートや店舗ごとのCS表彰などの方策で評価を可視化し、それらを通じてファーストリテイリングの社員はプライドを持って顧客満足を追求しているように見える。

その反面、話題になったブラック体質の暴露本や、2014年の訴訟の際には入社3年目で約5割の高い離職率や、休業社員の40%以上が精神疾患であることが報じられるなど、顧客満足を追求するために社員が背負う負担は大きいように見える。

一方、社員満足を追求する企業の例として挙げたいZOZOは、ここ数年社長のプライベートも含めて様々な話題を提供しているが、社員が働く環境についても大きな話題になっている。

一日6時間労働、全社員同額のボーナス、さらに役職給以外の給与も全社員一律、基本的には社員間の競争なし、私服での出勤OKなど、ウェブ上では「ホワイトすぎる労働環境」とも呼ばれている。

■顧客満足は社員の犠牲の上に成り立つのか
ファーストリテイリングが本当にブラック体質なのかどうかについてここでは精査しない。しかし一部の過重労働を批判されていたのは事実で、国内にはそういう企業が他にも数多くある。

それらの企業がスローガンとして顧客満足を謳っているケースは多い。しかしそのためには社員の労働環境を軽視しても構わないと前面に押し出しているわけではない。

企業が顧客満足を追求した結果として社員が犠牲になっている構図だ。そこにはもちろん利益の最大化という要因もあるが、少なくとも社員を優先してはいない。

1/2ページ

最終更新:2/25(月) 6:37
シェアーズカフェ・オンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

シェアーズカフェ・オンライン(SCOL)

シェアーズカフェ株式会社

SCOLはマネー・ビジネス・ライフプランの
情報を専門家が発信するメディアです。
現在書き手を募集しています。特に士業や
大学教授、専門家を歓迎します。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事