ここから本文です

イタリア人70人が選ぶ!Jリーグユニホーム総選挙<J1編>。おしゃれ大国を唸らすイケてるクラブは?

2/25(月) 7:00配信

フットボールチャンネル

明治安田生命Jリーグ 2019シーズンが遂に開幕した。今季のJリーグには、J1、J2、J3合わせて56つのユニホームが存在する。そこで今回は、おしゃれなイメージのあるイタリア人(18歳~58歳の男女70人)を対象に、Jリーグ・ユニホーム総選挙を行った。贔屓目などなく平等に、イタリア人の美的感覚、センスなどの観点で選ばれたユニホーム。果たしてイタリア人の心を掴んだのはどのチームのユニホームだったのだろうか? 今回は、J1の18チームのうちトップ5に選ばれたユニホームを紹介する。 (取材:浜川絵理【イタリア】)

サッカー男子必見!欧州クラブもJクラブも…女子ウケ抜群!おしゃれなユニホームは?

5位には昨季のアジア王者がランクイン!

5位:鹿島アントラーズ

「グラデーションとボーダーの融合が格好良い」(男性)
「ウエストが締まっていてスッキリ見える」(女性)

 ボーダーのグラデーションという、イタリアのではあまり見られない珍しいデザインが目を引きランクインした。ウエストラインが強調されている面も、イタリア人女性に選ばれた理由の一つ。

3位に2チームがランクイン。昨季リーグ2連覇を果たした王者のユニホーム

3位:川崎フロンターレ

「色が綺麗。シンプルさに惹かれた」(女性)
「中心に(スポンサーのマーク)文字とエンブレムなどが寄っているのでシンプル。スッキリと見えて好き!」(女性)

 色の爽やかさと鮮やかさ、そしてデザインのシンプルさが評価されて、多くのイタリア人女性からの支持を集めた。「自分のチームの色と似ている」として、水色をチームカラーとするSSCナポリのファン数人もこのユニホームを選んでいた。

川崎フロンターレと並び3位タイにランクインしたのは?

3位タイ:浦和レッズ

「単純に赤が好きだから(笑)」(女性)
「赤は自分の好きな色。派手すぎなくて良い。真ん中のスポンサーのロゴが格好いい」(男性)

 赤を基調とする唯一のユニホームであるため、赤という色自体が好きな人からの投票が多く集まった。赤地に少し暗い赤の縦線が入っていて、スポンサーのロゴ以外は全て赤いが、「派手すぎない」というコメントをする男性も。

2位にJ1の“ロッソ・ネーロ”がランクイン

2位:北海道コンサドーレ札幌

「(もはや言うまでもなく)赤と黒だから」(男性)
「黒のラインが下に向けて若干ぼやけているのが珍しい」(男性)

 ACミランを心のクラブとして応援する人の多くが、コンサドーレ札幌のユニホームをチョイス。目を輝かせながら「赤と黒だから」と理由を挙げるなど、ミラニスタであるということを言わずとしてアピールをするイタリア人男子がほとんどだった。

1/2ページ

最終更新:3/11(月) 18:32
フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事