ここから本文です

良くないと分かっているが......という人に「ハームリダクション的」な商品を

2/26(火) 11:24配信

ニューズウィーク日本版

ブームは眼鏡、ゲーム、自動車、たばこにも?

食品業界におけるギルトフリーブームのみならず、「ハームリダクション的」な商品は他の業界でも続々と登場し始めている。

例えば、パソコンやスマートフォンの長時間使用は目への負担が大きいが、使わないわけにはいかない。となれば、そうした電子機器から発せられるブルーライトをカットする眼鏡を使用したほうが目の負担を軽減できる。

子供に人気のゲーム機「Nintendo Switch」では、親が1日のゲーム時間の上限を設定し、自動でゲームを止めることができる。子供のゲーム依存が心配でも、必ずしもゲーム機を取り上げる強硬手段を取る必要はないわけだ。

他にも、近年車に搭載されている自動ブレーキシステムや自動走行システムなども、事故の可能性を心配する人に「車に乗らない」以外の選択肢を提供するという意味で、広義のハームリダクション的な装備といえるだろう。

また、たばこの世界でもハームリダクション的な商品が登場し、人気を博している。Ploom(プルーム)、IQOS(アイコス)、glo(グロー)という、3つの加熱式たばこだ。

これまでも、少量のニコチンを体内に入れ、徐々にニコチンからの離脱を図るニコチンパッチやニコチンガムなどのハームリダクション的な商品はあったが、最近は加熱式たばこを活用する「たばこハームリダクション」という考え方が注目されている。

なぜ、タバコ葉を熱し、ニコチンを含んだ蒸気を発生させる加熱式たばこが、ハームリダクション的になるのか。少し長くなるが、説明が必要だろう。

「ニコチンの問題は依存性です。健康被害をもたらすのは燃焼することで発生する煙に含まれるその他の成分。しかしそれらの成分は、熱するだけで燃焼はさせない加熱式たばこでは9割以上減っているとされています」と、加熱式たばこを用いたたばこハームリダクションの有用性を語るのは、川崎市のAOI国際病院副院長兼健康管理センター長を務める熊丸裕也氏。

熊丸氏の言うとおり、人体に悪影響を及ぼす有害物質(健康懸念物質)は、紙巻きたばこが燃焼することで発生するタールを起因としたものだ。この有害物質が、IQOSやgloでは90%以上、Ploom Tech、Ploom Tech+にいたっては、99%がカットされるという。

「もちろん、スパッと禁煙できるのが最善策。でも、どうしても禁煙できないという人が少なからず存在する。ならば、有害物質が多く副流煙で他者にも健康被害を及ぼしてしまう紙巻きたばこよりも、リスクの少ない加熱式たばこに置き換えるという現実的な選択肢があってしかるべき。患者の健康状態改善を目的とする医師ならばなおさらです」

日本の医学界で熊丸氏のこうした考え方は主流ではないが、加熱式たばこによるたばこハームリダクションを推奨するようになった背景には、熊丸氏自身が直面してきた厳しい現実があった。

「5年ほど前まで別の病院で禁煙治療を行っていたのですが、3カ月で5回通院するプログラムを完遂できたのは約6割。全国平均で5割未満です。しかし、問題はその先。治療を完遂しても1年後に禁煙を続けている人は6割の半分、3割です。禁煙を継続するのは、それほど困難なことなのです」

2/3ページ

最終更新:2/26(火) 12:43
ニューズウィーク日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ニューズウィーク日本版

CCCメディアハウス

2019-6・18号
6/11発売

460円(税込)

【特集】米ジョージタウン大学 世界のエリートが学ぶ至高のリーダー論
「全米最高の教授」サム・ポトリッキオが説く勝ち残るリーダーになるための処方箋

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事