ここから本文です

フランクフルト長谷部は「ピッチ上の隠れた主将」、データが示す唯一無二の“主軸ぶり”

2/26(火) 6:30配信

Football ZONE web

デュエル勝率62%はチームトップ「システムにおいて替えの利かない選手」

 フランクフルトの元日本代表MF長谷部誠は、ドイツ12年目のシーズンを迎えている。35歳にして、キャリア最高とも言えるシーズンを過ごしていると評価されるなか、現地時間24日付のドイツの有名サッカー雑誌「11FREUNDE」が特集。データを基に、長谷部がいかに攻守でチームに貢献しているかを伝え、「ピッチ上の隠れたキャプテン」と称えている。

【一覧】長谷部が“DF部門”で堂々1位! キッカー誌選定、ブンデス前半戦採点ランキング「ポジション別トップ5」

 リーグ開幕戦を体調不良で欠場すると、第2節はベンチ外、第3節は90分間出場なしと、一時は構想外に陥ったかと懸念する声も上がった長谷部。しかしアディ・ヒュッター監督がシステムを3バックに戻した第4節RBライプツィヒ戦(1-1)からリベロとして起用されると、そこから筋肉の問題で欠場した3試合を除いて国内リーグですべてフル出場(23節終了時点)を果たしており、昨年11月にはアジアサッカー連盟(AFC)から「アジア最優秀年間国際選手賞」に選出されたほか、ウィンターブレイク中にはドイツ誌「キッカー」選出の「前半戦最高のCB」にも輝いた。

 フランクフルトは24日のリーグ第23節ハノーファー戦(3-0)前の段階で28失点と、ブンデスリーガで5番目に失点が少ない。そのうち長谷部が欠場した6試合で奪われたゴール数は11となっており、「11FREUNDE」は「ハセベは過去数年と同様、リベロ2.0として、フランクフルトのシステムにおいて替えの利かない選手になっている」と評価した。

 さらに記事では、長谷部が35歳にしてキャリア最高のシーズンを送っている理由を分析。「ハセベはデュエルの勝率が62%(23日現在)とチームトップを誇り、インテリジェントなポジショニングで自分より明らかに速い選手にも対応し、180センチという身長ながら大抵の空中戦で勝利を収めている」とその強さに触れた。

「フランクフルトの攻撃が成功している理由」は長谷部だと「11FREUNDE」は高評価

 また、ここまでイエローカードわずか2枚、ファウル数は1試合平均0.4回と、その“クリーン”なプレースタイルにも着目。「キャプテンマークを巻いているのはダビド・アブラハムではあるが、ハセベがピッチ上のキャプテンであることははっきりしている」と、チームのタクトを振っているのは長谷部であると断言した。

 攻撃の基点としても貢献している点に関しては、プレス耐性に秀でているとともに、ビルドアップは「まるで頭上5メートルのところから見渡しているように思えることがある」とその視野の広さを評価。「FWセバスティアン・アレに対するクレバーなパスと精密なロングボールの成功率は84%にも上っている」とし、「フランクフルトの攻撃が成功している理由」には、長谷部の貢献があると結論付けている。

 フランクフルトは現在、UEFAヨーロッパリーグ圏内の6位。UEFAチャンピオンズリーグ圏内も十分狙えるだけに、長谷部のさらなる活躍に期待が集まる。

Football ZONE web編集部

最終更新:2/26(火) 6:30
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事