ここから本文です

光と闇を抱えるフィリピンサッカー界 トロイ財団は救世主となれるか

2/28(木) 20:15配信 有料

フットボールチャンネル

創始者が見た夢

 今年3月、3次予選を無敗で勝ち抜き、史上初めてAFCアジアカップへの出場権を獲得したフィリピンサッカー界。にわかにサッカー熱も盛り上がりを見せるが、育成年代のシステム整備は遅々として進んでいないのが現状だ。そこにメスを入れようとしているのが、一人の大学教授が立ち上げたトロイ財団。子ども達にはサッカーだけでなく、寝食から教育まで与えることで、フィリピンサッカーの育成の一助になろうとしている。(文:小川由紀子 2018年10月発売『アジアフットボール批評07』を転載) 本文:7,920文字 この記事の続きをお読みいただくには、フットボールチャンネルプレミアムの購入が必要です。

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

  • 通常価格:
    540円/月(初月無料)
    会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

フットボールチャンネルプレミアムの記事一覧へ戻る

小川由紀子

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事