ここから本文です

そこにはすべての道がある! トヨタの若手テストドライバーをニュルに送り込むワケ

2/28(木) 12:33配信 有料

WEB CARTOP

ニュルで260km/h、5速全開のジャンプ、そしてライバル車との壮絶バトル

(写真:WEB CARTOP)

トヨタではマスタードライバー制という、新しいテストドライバー制度を採用している。成瀬マスタードライバーを中心にシニア、ジュニアといった若手テストドライバー育成プログラムを実施しているのだ。今回のニュルテストもそんな若手テストドライバー育成の場として実施している。彼等はニュルをどう捉えているのか。

すでにニュル経験豊富なシニアドライバーの近藤正人さんは、ニュルについて「バクロ時間が長く評価の白黒がハッキリするコース」と証言する。テストコースではつかみにくい限界に近い微少領域での善し悪しが、ニュルでハッキリと出る。隠されたものが簡単に暴露されてしまうということ。また3年ほどヨーロッパにいた近藤さんが「ニュルにはすべての道がある」というのも、説得力のある話だろう。

一方今回が初参加となる2人の若手、ジュニアドライバーはどのように感じたのか。

高橋郁磨さんは「ニュルの暴露時間」によって自信がついたという。それまでおぼろげながら感じていたものが、ニュルを体験したことで鮮明に確認できたからだ。ニュルのコース自体は、豊富な予備知識によって大きな驚きはなかったそうだが、話しやビデオだけでは伝わらない「緊張感」が大きな収穫だったとのこと。また片山智之さんは、「ライバルが常に存在し、ニュルのアグレッシブなところが勉強になった」と語っている。

この2人に共通するのが、高い目標を持っていること。「トヨタをライバルのベンチマークにさせたい」、「トヨタのどのクルマにかかわらず世界に通用するものにしたい」など、世界の頂点となる現場を知ることで、その目標がよりリアルになったからだろうか。

いずれにせよ、トヨタ車あるいは若手を含むテストドライバーも、このニュルを走り込むことによって、ますます磨きをかけることは間違いない。これからのトヨタのスポーツモデルに、さらなる期待ができるはずだ。

ニュルで260km/・・・ 本文:6,496文字 写真:6枚 ...

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込55

    PayPay残高使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購入履歴で確認できます。

中谷明彦/城市邦夫

最終更新:2/28(木) 12:33
WEB CARTOP

おすすめの有料記事

PayPay残高使えます

もっと見る