ここから本文です

豚汁作りに挑戦した大野智「こういう朝ご飯自分でよく作ってるよ」

3/1(金) 19:04配信

ザテレビジョン

嵐のメンバーが2人ずつ登場し、さまざまな企画にチャレンジする月刊ザテレビジョンの連載「月刊嵐」。しりとりで企画をつないでいくこの連載、最新号では、大野智と二宮和也が「豚汁」作りに挑戦した。試食後のインタビューを紹介!

【写真を見る】大野&二宮が作った具だくさん豚汁

二宮「リーダーが豚汁好きだから。俺は次の月刊『嵐』、豚汁じゃなきゃヤダって言うから(笑)」

大野「へ? うん、でもまぁ、豚汁大好きだよ(笑)」

二宮「俺も好きだよ♪ みそ汁部門で言ったら、豚汁は結構な上位に入ってる気がする!」

大野「いや~、おいしくできたぁ」

二宮「豚汁って豪華だよね。ごま油で炒めてるから、その風味も感じられるし」

大野「一杯で、肉と野菜をいっぱい食べられてお得な気がするね」

二宮「めちゃくちゃ豪華!」

大野「牛丼店でも、豚汁付けると豪華な気分になっちゃうよね(笑)」

二宮「それちょっと分かる。牛丼が途端に豪華になる感じ! きょう作ったみたいな日本の朝ご飯も、ホントいいよねぇ。おいしい!」

大野「最高だよ、こんな朝ご飯」

二宮「きょうは豪華にいろいろご飯のおかず用意していただいたけど、俺は何だかんだ、炊きたてのご飯とアツアツの豚汁があったら、もうそれだけで満足。他には何にもなくていい! プラスαはぜいたく(笑)」

大野「俺、こういう朝ご飯、自分でよく作ってるよ」

二宮「きょう、先生に手際が良くて、“すごい”っていっぱい褒められてたけど、大野さんにとっては、いつものことだったんですね」

大野「うん(笑)。朝ご飯作ろうって時は、前日にスーパーに寄って、いろいろ買って、朝、みそ汁作る」

二宮「すごいな!」

大野「豚汁はまだ1回しか作ったことないけどね。アサリ汁とか作るよ」

二宮「なるほどね~」

大野「砂抜きしたアサリとか売ってるのよ。あれは便利!(笑)」

二宮「朝から砂抜きまでしてたら、もう漁師だよ(笑)」

大野「魚入れて、あら汁もいいなぁ」

二宮「豚汁は、冷蔵庫の余ったものを入れて作っていいのかな? 豚汁を作ろうと思って材料買いに行ったら、大変だよ。材料使い切れないよ(笑)」

大野「確かに(笑)。最初は、余ったものを入れたところから、豚汁が誕生したのかもしれない(笑)」

二宮「そうだね(笑)。けんちん汁もそうだよね。けんちん汁は、うどんとかも合いそうだなぁ」

大野「ああ。けんちん汁もいろいろ入ってるね。ぜいたく品だ!(笑)」

二宮「そうだよ。具だくさんの汁ものって、ぜいたく品なんだよ」

大野「汁ものが既におかず」

二宮「そうそう」

大野「でもさ、ニノってこういう料理企画するたびに思うんだけどさ。毎回、上手になってるよね(笑)」

二宮「この連載でも相当料理してきてますから」

大野「そうだよね。だってうまいだけじゃなくて、どんどんスピードも速くなっていくんだもん」

二宮「慣れですよ、慣れ」

大野「ニノも家で作る?」

二宮「そんなにはしないかなぁ」

大野「でもできちゃうんだね」

二宮「俺ぐらいのこと、今、みんなできちゃうよ。料理してる男性多いじゃない? レシピもインターネットにたくさんあるわけだし」

大野「便利な時代だ(笑)」

月刊嵐こぼれ話

料理の合間に、使い終わった鍋を自ら洗おうとした大野にスタッフから感嘆の声。料理指導の方は“鍋を自分から洗おうとしたタレントさんは初めてです”とのこと。「自分で料理してると洗い物が後に残るのイヤだからつい…」と大野談。

(ザテレビジョン)

最終更新:3/1(金) 19:04
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

週刊ザテレビジョン22号
5月22日

定価:390円

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事